カルシウム拮抗薬とは? – 効果や副作用について


カルシウム拮抗薬

「カルシウム拮抗薬」は、現在、日本では最も多く使われている降圧薬になる。

高血圧の薬物治療でよく処方されているのが、「カルシウム拮抗薬」です。
「カルシウム拮抗薬」は、現在、日本では最も多く使われている降圧薬です。
そこで、「カルシウム拮抗薬」の種類と、その作用について詳しくご紹介します。

カルシウム拮抗薬とは?

「カルシウム拮抗薬」は、元々は狭心症や不整脈の薬として開発されたもので、降圧効果があることが発見されました。そして現在、日本では高血圧治療の薬として最も多く使われています。

血圧が上がる仕組みには、動脈の血管壁にカルシウムイオンが流れ込み、細胞が収縮して血管が細くなる要因があります。
カルシウム拮抗薬は、本来カルシウムイオンが流れ込むための穴に入り、カルシウムイオンの流入を防ぎます。それによって、血管の収縮を抑え、血管を拡張して血液の通る量を増やすことで血圧を下げる作用があります。

カルシウム拮抗薬の作用

また、末梢血管を拡張させる作用だけではなく、心臓の血管も拡げる働きがあるため、狭心症の治療薬としても有効です。

カルシウム拮抗薬の降圧作用

細胞内へのカルシウムの流入を防ぐことで血圧を下げる。
また、血管を拡げて血液の通る量を増やして血圧を下げる作用もある。

降圧薬の中でも、カルシウム拮抗薬は効果の持続性が長いものが多く、24時間効果の継続する薬を1日1回服用するのが基本です。

参考書籍:「図解でわかる高血圧」

カルシウム拮抗薬の種類とその作用

カルシウム拮抗薬には、構造と作用によっていくつかの種類があります。

その中で降圧薬として用いられるものは、ジヒドロピリジン系と、ベンゾジアゼピン系になります。

カルシウム拮抗薬の種類

  • ジヒドロピリジン系
    現在使用されている降圧薬の中で、降圧の有効性が最も高いのがジヒドロピリジン系の薬。
    動脈を拡張させることで強い降圧効果がある。
    また、臓器の血流が保たれるため、臓器に障害がある人や高齢者にも適応される。
  • ベンゾジアゼピン系
    ジヒドロピリジン系とは異なり、マイルドな降圧作用がある。
    血管よりも心臓に強く作用するカルシウム拮抗薬。

主要なカルシウム拮抗薬の種類

ジヒドロピリジン系

一般名 製品名
アムロジピン ノルバスク、アムロジン、ノルバスクOD、アムロジンOD
ニフェジピン除放錠 アダラートL
長時間作用型ニフェジピン除放錠 アダラートCR
ニソルジピン バイミカード
ニトレンジピン バイロテンシン
ニルパジピン ニバジール
アゼルニジピン カルブロック
マニジピン カルスロット
エホニジピン ランデル
シルニジピン アテレック、シナロング
アラニジピン サプレスタ
ベエニジピン コニール
フェロジピン スプレンジール
バルニジピン ヒポカ

ベンゾジアゼピン系

一般名 製品名
ジルチアゼム ヘルベッサー
ジルチアゼム除放カプセル ヘルベッサーR

最もよく使われているカルシウム拮抗薬

現在、降圧薬として用いられるカルシウム拮抗薬で、最もよく使われているのが、ジヒドロピリジン系の「アムロジピン」です。
アムロジピンがよく使われる理由には、他のカルシウム拮抗薬に比べて副作用が少ないことと、効果の持続時間が長いという特徴があるためです。

アムロジピンについての詳しい内容は、こちらの記事で紹介していますので、参考にして下さい。

カルシウム拮抗薬の副作用について

カルシウム拮抗薬の副作用

カルシウム拮抗薬の副作用には、血管拡張や血圧低下、血行不良による症状が起こることもある。

どんな薬にも副作用はつきものです。
カルシウム拮抗薬の副作用には、血管拡張や血圧低下、血行不良による症状などが起こる場合があります。

カルシウム拮抗薬の副作用

  • 顔のほてり、潮紅
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい、のぼせ
  • ふらつき、立ちくらみ
  • 足のむくみ
  • 便秘
  • 服用を中止するとリバウンド現象が起こる
また、ジヒドロピリジン系とベンゾジアゼピン系では、副作用の症状にも違いがあります。

ジヒドロピリジン系の重大な副作用

大動脈弁狭窄、肺高血圧、腎機能障害、肝機能障害、うっ血性心不全などがある。
そのため、心臓、肝臓、腎臓に何らかの障害がある場合には、薬の使用が制限される。

ベンゾジアゼピン系の薬の副作用

除脈や、まれに心房と心室の間のパルスの伝道障害「房室ブロック」が起こることがある。
そのため、現在は降圧薬としての使用は推奨されていない。

参考書籍:「図解でわかる高血圧」、「高血圧のすべてがわかる本」

食品や他の薬との飲み合わせ

薬や食品との併用

他の薬や食品との併用によって、薬が効き過ぎて血圧が異常に下がる危険性もある。

薬には、食べ物や他の薬との飲み合わせによって、血中濃度を上げたり、逆に下げるものもあるため、十分な注意が必要です。

特に高齢者の方は、数種類の薬を併用していることも少なくありません。降圧薬は、他の薬との併用も多くなるため、薬の併用には自分自身でも気をつけておく必要があります。

例えば食品では、グレープフルーツの摂取によって、ある種のカルシウム拮抗薬の血中濃度が上昇することが明らかにされています。
薬の服用後に、グレープフルーツやグレープフルーツジュースを飲むと、薬の分解が遅くなるため薬が効き過ぎて、血圧が異常に下がる危険性があります。

カルシウム拮抗薬と他の薬との相互作用

カルシウム拮抗薬との併用で、血中濃度が上昇する可能性がある

  • ジギタリス、キサンチン誘導体
  • β遮断薬
  • α遮断薬
  • 抗不整脈薬
  • カフェインなど

カルシウム拮抗薬の血中濃度を上昇させる可能性がある

  • 消化性潰瘍治療薬
  • 抗真菌薬
  • 抗生物質
  • 免疫抑制薬
  • β遮断薬
  • グレープフルーツ

カルシウム拮抗薬の血中濃度を低下させる可能性がある

  • 抗結核薬
  • 抗テンカン薬
  • ステロイドホルモン
参考書籍:「最新 自分で治す・自分で防ぐ高血圧」、「高血圧のすべてがわかる本」

高血圧の薬物治療では、多くの場合2〜3剤の薬を併用するケースが多くなります。しかし、3剤以上の降圧薬を服用しても、血圧が目標値まで下がらない場合もあります。
それは、「治療抵抗性高血圧」と呼ばれて、いくつかの原因が考えられます。

「治療抵抗性高血圧」については、こちらの記事で紹介していますので、参考にして下さい。

高血圧治療で薬を服用している場合には、その薬の作用や内容を医師や薬剤師さんからよく聞くようにしましょう。
自分自信が飲んでいる薬については、注意事項などの知識をしっかりと把握しておくことが大切です。


サブコンテンツ

数値が気になる方に!おすすめのサプリランキング

ranking01
ranking02
ranking03

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血管の老化は、動脈硬化を引き起こす大きな要因となります。 また、血圧が高くなる原因には、血液の汚れに・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク