コーヒーは高血圧にどんな影響が?カフェインと血圧の関係


カフェイン”というとコーヒー紅茶に多く含まれているのはご存知の方も多いでしょう。
コーヒーは、好きな人は一日に何杯も飲むという人もいます。

そこで気になるのが、コーヒーに含まれるカフェインの血圧への影響です。
カフェインは「血圧を上げる」と言われたり、逆に、「血圧を下げる効果がある」と言われることもあります。
果たして、カフェインは血圧にどのような影響があるのでしょうか?

カフェインは血圧を上げるのか?下げるのか?

コーヒー

以前では、コーヒーに含まれるカフェインは、中枢神経を刺激したり心臓に直接作用して血圧を上昇させることから、高血圧症を引き起こすものと考えられてきました。

しかし近年アメリカで行われた研究によると、コーヒーを飲んでも飲まなくても高血圧の発症率に変わりがないことがわかったのです。

これは、高血圧症の女性約3万人を対象に、12年間に渡って習慣的なコーヒーの摂取と高血圧症の関係を調べた研究の結果によるものです。
しかも、一日4杯以上コーヒーを飲んでいる人とそうでない人を比較した場合、コーヒーを飲んでいる人の方が高血圧症になりにくいことがわかりました。

この結果から、カフェインと高血圧には確たる因果関係はなく、むしろコーヒーを飲む量が多いと、逆に高血圧症になる危険性が下がるという傾向が認められたのです。
これはコーヒー好きな人にとっては嬉しい結果ですよね。

同時に、カフェインを含むコーラをたくさん飲む人については、高血圧症になる危険性が高いことがわかっています。コーラをよく飲む人は注意しなければいけません。

コーヒーには動脈硬化を予防する効果がある?

前述したアメリカでの研究結果では、コーヒーを多く飲む人(1日4杯以上)では、高血圧を防ぐ傾向があることがわかりましたが、同じカフェインを含む紅茶ではそのような傾向が見られなかったようです。

では何故コーヒーには高血圧を防ぐ効果があったのでしょう?
それには、カフェイン以外にコーヒーに含まれる成分が関係しています。中でも、クロロゲン酸などのポリフェノールには、動脈硬化を予防する作用があります。
また、ポリフェノールは悪玉のLDLコレステロールの酸化を防ぐ働きもあります。
このように、コーヒーにはカフェイン以外の成分によって、動脈硬化の予防や高血圧を予防することに繋がるのです。

コーヒーのリラックス効果は血圧を安定させる?

コーヒーブレイク

コーヒーを好んで飲むという人は、コーヒーの香りで癒されるという人も多いのではないでしょうか?

コーヒーに含まれる成分も大切ですが、何よりもコーヒーの香りを楽しんだり、コーヒーを飲んで気持ちが落ち着くことで、リラックス効果を得ることができます。
仕事の合間や緊張感をほぐすために飲む一杯は、何よりもリラックスできることでしょう。
そして、このリラックスこそが自律神経に作用して、血圧を安定させる効果をもたらすのです。

また、親しい友人や家族と一緒に、コーヒーを飲んでコミュニケーションを持つ時間は、幸せホルモン“オキシトシン”の分泌を促します。
このオキシトシンは、美味しい物を食べたり、美しい景色を見たりして幸せを感じる時に分泌されるホルモンですが、動脈硬化で傷ついた血管を修復する働きがあることがわかっているのです。

コーヒーを飲む時に気をつけたい「砂糖」と「フレッシュミルク」

coffee

このように、コーヒーは一時的に血圧を上げることがあっても、長期的に見ると血圧に良い作用があることがわかりました。コーヒー好きな人は、これで安心してコーヒーを飲めますね。
しかし、気をつけてほしいのが、コーヒーを飲む時に入れる「砂糖」と「フレッシュミルク」です。

コーヒーが好きで一日に何杯も飲むという人は、砂糖を毎回入れることで糖分を多く摂取することになります。

また、お店でコーヒーを頼むと必ず付いてくるのが「フレッシュミルク」です。見た目は白くクリーミーなので、ミルクだと思っている人も多いようですが、これには生クリームやミルクは一切使われていません。植物油に乳化剤や増粘多糖類、カラメル色素などの添加物で、味や見た目を生クリームに似せて作っているものです。

この主な成分である植物油には、トランス脂肪酸が多く含まれています。
トランス脂肪酸は、人工的に作られた油で、血管を老化させて動脈硬化を引き起こす要因となります。そのため、摂取を控える必要がある「危険な油」になるのです。

トランス脂肪酸については、こちらの記事で詳しく説明しています。参考にして下さい。

 

どんなコーヒーを飲むかによって体への影響も変わる?

ドリップして淹れるコーヒー

また、コーヒーといっても豆から焙煎してドリップして淹れるコーヒーや、インスタントコーヒーなど様々です。そのため、どんなコーヒーを飲むかによっても、体への影響は変わってくるでしょう。

特に気をつけたいのが、缶コーヒーです。手軽にいつでも飲めるので、外出先などで缶コーヒーを飲む人も多いかと思います。
しかし、缶コーヒーには保存料などの添加物が多く含まれている上、糖分も多く含まれています。コーヒーの香りはするかもしれませんが、入っている成分を見る限り、決して体に良いとは言えません。

また、自宅でコーヒーを淹れて飲むという場合、豆を焙煎してから日が経つと、酸化が気になります。これは粉状のものも同様です。
できれば新鮮なうちに飲むようにするのがいいでしょう。

このようにコーヒーに含まれるカフェインには、血圧にとって良い面もあります。しかし、いくらいいからといって飲みすぎると、カフェイン糖分の過剰摂取に繋がります。
また、コーヒーを愛用するという人は、できるだけ新鮮なものを飲むよう気をつけた方がいいでしょう。

健康のことを考えると、同じコーヒーを飲むのでも、少しこだわりを持って飲みたいものですね。


サブコンテンツ

家族で飲みたい!血圧改善サプリ

悩み別で選ぶ 血圧改善サプリでを試した感想