動脈硬化は改善される?その改善方法とは?


 

動脈硬化の血管

動脈硬化とは、血管の老化現象です。
動脈は、常に心臓から押し出された血液を循環させています。そして、収縮拡張を繰り返すうちに、次第に弾力を失い、硬くもろくなっていくのです。
では、動脈硬化を起こした血管は、元の弾力のある血管に戻すことはできないのでしょうか?

動脈硬化を加速させてしまう原因とは?

タバコ

過食や偏食、運動不足、喫煙、過度の飲酒、ストレスなどが動脈硬化を加速させる

加齢と共に肌のハリが衰えるように、動脈もだんだんと弾力性を無くし、硬くもろくなってしまいます。
そのため、血管の老化現象である「動脈硬化」は、誰にでも起こることなのです。

しかし、実年齢よりも早く動脈硬化が進行する場合もあります。それは、過食偏食運動不足喫煙過度の飲酒ストレスなどの悪い生活習慣が加わった場合です。
悪い生活習慣を続けていくことで、血管をひどく傷めつけることになるため、動脈硬化を加速させてしまうのです。

動脈硬化を加速させる原因

  • 過食や偏食
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • ストレス
動脈硬化の怖さは、生命に関わる重大な血管病を起こす原因となることです。

脳卒中」「狭心症」「心筋梗塞」「脳梗塞」、これらは全て血管の老化によって起こる血管病です。
そして、これらの血管病の元凶となるのが動脈硬化なのです

血圧血糖値LDLコレステロール値が高い人は、このような血管病を引き起こす可能性が高くなります。そのため、老化した血管を強くするためのセルフケアを行う必要があるのです。

老化した血管を強くよみがえらせるには?

動脈硬化を起こして血管の老化現象が現れてくると、「このままでは危ないかも」と不安な気持ちになるでしょう。
しかし、血管は若返らせることが可能な器官です。傷ついて老化が進み出した血管も、セルフケアを行うことで強くよみがえらせることができます。

その“血管の若返り”のカギを握るのが、「内皮細胞」です。
内皮細胞は、血管壁の最も内側に位置しているため、血管内を流れる血液に常に接しています。そして、血管を守り強くするための働きをしているのです。

血管内皮細胞

“血管の若返り”のカギを握るのが内皮細胞

内皮細胞の主な役割は、防壁となって血管壁を守る“バリア機能”と、血管を健康に保つための物質を生み出す“活性化機能”です。

“血管の若返り”のカギを握るのは「内皮細胞」

動脈硬化を進行させるものに、血管内にできるアテローム性のプラークがあります。内皮細胞は、このプラークを形成するLDLコレステロールなどの悪い成分が、血管壁内に侵入するのを防ぎます。
また、血管を健康に保つための物質「NOエヌオー(一酸化窒素)」を自ら生み出しているのです。
内皮細胞から生み出された「NO」は、血管壁に良い刺激を与え、血管を拡張する作用があります。そのため、血圧が下がり、血管への負担が軽減されます。
更に、NOには血液が固まるのを防いで、脳梗塞心筋梗塞の引き金となる血栓(血のかたまり)ができるのを防ぐ働きもあります。

内皮細胞の働き

  • “バリア機能”
    プラークを形成するLDLコレステロールなどの悪い成分が、血管壁内に侵入するのを防ぐ。
  • “活性化機能”
    血管を健康に保つための物質「NOエヌオー(一酸化窒素)」を生み出す。
内皮細胞が生み出す「NO」の作用

  • 血管拡張作用
  • 血圧を下げて血管への負担を軽減
  • 血栓ができるのを防ぐ
このように、内皮細胞の“バリア機能”と“活性化機能”がしっかりと機能することで、血管を修復して若返らせることができるというわけです。

血管の老化「動脈硬化」を改善するには?

一酸化窒素が血管に与える影響

内皮細胞が若返ると、「NO(一酸化窒素)」の放出量が増える

内皮細胞がしっかり機能してくると、疲弊して老化した血管も若く健康にすることができます。内皮細胞のバリア機能が回復することで、血管自体も強くなるのです。
そのためには、内皮細胞をイキイキと若返らせることが必要です。

内皮細胞の新陳代謝を促して(ターンオーバー)元気に若返ると、血管壁の強いバリア機能が回復します。そうすると、動脈硬化の初期段階くらいであれば、プラークが退縮して小さくなります。
動脈硬化がある程度進んでいても、内皮細胞の強いバリア機能が回復することで、血管内面の傷が修復されて、血管が強くよみがえるのです。そうすることでプラークが壊れにくくなり、脳卒中や心筋梗塞の危険性が軽減されます。

また、内皮細胞が若返ると、「NO(一酸化窒素)」の放出量が増えます。そうすると、血管が拡張されて血圧が下がり、血栓ができるのも防いで、ますます血管が強く健康になるのです。

内皮細胞の若返りの効果

血管壁の強いバリア機能が回復する。

yajirusi_sita_S

プラークが退縮して小さくなる。(動脈硬化の改善)

血管内面の傷が修復されて、血管が強くよみがえる。

yajirusi_sita_S

プラークが壊れにくくなる。(脳卒中や心筋梗塞の危険性が軽減される)

血管の内皮細胞を若返らせるには?

老化した血管の若返りには、弱くなった内皮細胞を元気に若返らせることです。
そのためには、内皮細胞への負担を減らして、良い刺激を与えることが重要です。

内皮細胞を元気に若返らせるポイントは、次の3つになります。

内皮細胞を若返らせるポイント

  1. 内皮細胞を傷める要因を減らす
  2. 血圧を上げる原因を減らす
  3. 血液の流れを良くする

内皮細胞を傷める要因を減らす

内皮細胞を傷める最も大きな要因が、“酸化ストレス”です。
過剰なLDLコレステロール血糖は、血液をドロドロにして内皮細胞を傷めます。しかも、体内で活性酸素が増えると、それぞれが酸化LDLコレステロールAGEという悪玉物質に変わります。そうすると、更に内皮細胞を傷めることになるのです。

体内の活性酸素を増やす要因は、タバコストレス食品添加物過剰な飲酒などです。

活性酸素を増やす要因

  • タバコ
  • ストレス
  • 食品添加物
  • 過剰な飲酒
逆に、抗酸化成分の多い食品の摂取や、禁煙、ストレスを減らすことで、活性酸素を減らして無害化することができます。

血圧を上げる原因を減らす

血圧が高いと血管に負担がかかり、内皮細胞を傷つけて機能を低下させてしまいます。
血圧を上げる原因には、“塩分の摂り過ぎ”や“脂肪や糖質の摂り過ぎ”、“肥満”や“運動不足”などがあります。
これらの原因を改善することで、内皮細胞をイキイキと活性化させることができます。そうすると、血管拡張作用で血圧を下げたり、血栓を予防する機能がよみがえるのです。

血液の流れを良くする

血液の流れが良くなると、内皮細胞に良い刺激がかかります。そうすると、「NO(一酸化窒素)」の放出量が増えて血管を拡張したり、血栓ができるのを防ぐことができます。
血液の流れを良くするためには、血液をドロドロにしない食習慣と適度な運動が必要です。
脂質や糖質の摂り過ぎや食べ過ぎは、血液をドロドロにする原因です。

ドロドロ血液をサラサラにする食習慣については、こちらの記事をご覧下さい。

悪い食習慣を改善して、適度な運動をすることで、血液の流れを良くして内皮細胞をイキイキを若返らせることができます。
このように、老化した血管を若返らせるには、内皮細胞を活性化して、血管の“修復機能”や“活性作用”をよみがえらせることです
そのためも、痛んだ内皮細胞を回復させるためのセルフケアが最も重要となります。

毎日手軽に続けられる、血液サラサラ効果のある補助食品

三黒の美酢

動脈硬化の原因となる血管の老化は、血管に負担のかかる生活習慣が原因となります。
中でも影響が大きくなる食習慣には、日頃から気をつけたいものです。

しかし、普段は仕事が忙しく、外食やコンビニ食が多くなるという人もいるでしょう。
そんな人におすすめしたいのが、いつでも手軽に必要な栄養成分が摂れるサプリメントの活用です。

サプリメントは食事では摂れない栄養成分を補うための栄養補助食品になります。
食生活で体の不調や病気を改善するためには、“継続”して続けることが大切です。しかし、毎日家事や仕事に追われて、時間に余裕のない人も多くいます。

そんな場合に、手軽に摂れるサプリメントなら、毎日継続して続けることができます。もちろん、体に必要な栄養は、本来は食べ物から直接摂取するのが一番効果的な方法です。しかし、それでは毎日続けることができない場合もあります。
そんな時に足りない栄養素の補給をサポートをしてくれるのが、サプリメントです。

動脈硬化の予防には、血液をサラサラにして血管の老化を予防する成分が豊富に含まれているものが効果的です。
そこでおすすめしたいサプリメントが、『三黒の美酢(さんごくのみず)』になります。
『三黒の美酢』は、「完熟黒にんにく」「黒酢もろみ」「有精卵黄油」を主成分に、「DHA・EPA」が配合されているため、血管の若返り効果が期待できるサプリメントになるのです。

三黒の美酢

また、『三黒の美酢』の大きな特徴が、徹底した素材へのこだわりです。
使用している素材は九州産の厳選されたもので、農薬や化学合成添加物などの人の体に害をもたらすものは一切使用せずに作られています

黒にんにくや黒酢のサプリメントは多くありますが、主成分よりも添加物が多く含まれているものも少なくありません。しかし、血管を健康にするためには、なるべく余分な添加物の摂取は避けたいですね。

『三黒の美酢』の効果や評判については、こちらの記事を参考にして下さい。

老化した血管を若返らせるためには、血管に良い習慣を毎日継続して続けることが大切です。
是非、自分の生活の中で無理なく続けられる方法を見つけてみて下さい。


サブコンテンツ

おすすめのDHA・EPAサプリメント

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク