動脈硬化を改善する、血液をサラサラにする食べ物とは?


血管に良い食べ物

高血圧と大きく影響している動脈硬化の予防には、血液をサラサラにすること。

高血圧と大きく影響してくるのが動脈硬化です。動脈硬化は血管の老化現象から起こります。
そのため、血管の老化を進行させないことが大切になります。

では、血管の老化を進行させないためにはどうしたらいいのでしょう?
それは、血液をサラサラにすることです。

ドロドロ血液は血管の老化を進行させる?!

血管の老化から起こる動脈硬化ですが、自分の血管がどれくらい老化しているのかを知るには、身近な検査でわかります。

 

血管年齢

血液がドロドロになると動脈硬化が進行する原因となる。

それは、「血圧値」と「血糖値」「LDLコレステロール値」です。
血管と最も深いのが“血圧”です。血圧値が高い状態は、血管壁に負担がかかっている状態が続いていることを意味します。そのため、高血圧の人は血管が疲弊して老化しやすくなるのです。

また、“血糖値”と悪玉の“LDLコレステロール値”が高いと、血液がドロドロになりやすく、血流も悪くなります。そうすると血管へも負担がかかり、血管の老化を促進することになるのです。

血管の老化具合を知る検査値

 危険度中~高  危険度中に近い
 血圧値  上が140mmHgまたは、下が90mmHg以上  上が130~139mmHgまたは、下が85~89mmHg
 空腹時血糖値  126mg/dℓ以上  110~125mg/dℓ
 LDLコレステロール値  140mg/dℓ以上  120~139mg/dℓ

※各検査項目の診断基準を目安値としています。

血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ

このように、「血圧」「血糖」「LDLコレステロール」の状態と、血管の健康度とは深く結びついています。
そのため、動脈硬化を起こす主な原因も、「高血圧」「高血糖(糖尿病)」「高LDLコレステロール血症」になるのです。

動脈硬化を起こす原因

  • 高血圧
  • 高血糖(糖尿病)
  • 高LDLコレステロール血症
これらの要因を改善するためには、ドロドロ状態の血液をサラサラにして、血流を良くし血管への負荷を減らすことが大切です。
血液がドロドロになる原因には、脂質糖質の摂り過ぎや、食べ過ぎなどによる栄養バランスの偏りがあります。そのため、血液をサラサラにするには、このような悪い食習慣の改善と、適度な運動を行うことです。

ドロドロ血液の原因

  • 脂質の摂り過ぎ
  • 糖質の摂り過ぎ
  • 食べ過ぎによる栄養バランスの偏り
  • 運動不足
血液がサラサラになり血流が良くなると、血管の内皮細胞もイキイキと生まれ変わり、健康で元気な血管にすることができます。

血液をサラサラにする食べ物とは?

血液をサラサラにして血管を強くするために一番大切なのは、毎日の食生活です。人の体の細胞は絶えず入れ替わっています。そして、新しい細胞の材料となるのが毎日食べる食べ物なのです。
毎日の食事からとる栄養素によって、新しい細胞が弱いものになるか、強く丈夫なものになるのかが変わるのです。
では、血液をサラサラにして血管を強くする食べ物とはどんなものでしょうか?

抗酸化成分を多く含む野菜で血管の老化を予防

抗酸化成分を多く含む野菜には、血管の老化を防ぐ働きがある

抗酸化成分を多く含む野菜には、血管の老化を防ぐ働きがある

抗酸化成分を多く含む野菜は、血管の老化を防ぐ働きがあります。
野菜には色々な種類があり、含まれている栄養素も様々です。しかしどの野菜にも共通しているのが、ビタミン類ポリフェノールなどの抗酸化成分が豊富に含まれていることです。特に緑黄色野菜は抗酸化成分が豊富です。

そのため野菜をたくさん食べることで、体内の活性酸素を減らし、血管内のLDLコレステロールの酸化を防ぐことができます。
血管壁にこびりついたLDLコレステロールは、活性酸素の攻撃を受けやすく、更に悪玉となる酸化LDLコレステロールになります。これが血管内のコブである“アテローム性プラーク”を作るのです。

抗酸化成分を多く含む野菜をたくさん食べることで、血管内の酸化を防いで悪玉物質が作られるのを防ぐことができるのです。

また、野菜には食物繊維も多く含まれています。食物繊維は、腸内の余分な糖質脂質の吸収を抑制する働きがあります。そのため、血糖値やLDLコレステロール値の上昇を予防するのです。

野菜の血管の老化を防ぐ効果

  • ビタミンやポリフェノールなど豊富な抗酸化成分が血管の老化を防ぐ。
  • 体内の活性酸素を減らし、血管内のLDLコレステロールの酸化を防ぐ。
  • 血管内の酸化を防いで悪玉物質が作られるのを防ぐ。
  • 食物繊維で血糖値やLDLコレステロール値の上昇を予防。

良質なタンパク質で血管を強く、血液をサラサラに

血管を健康に若返らせるために必要な栄養素は“良質なタンパク質”です。
日本で昔から食べられている大豆製品には、良質なタンパク質が多く含まれています。

良質なタンパク質は、血管の内皮細胞が丈夫に生まれ変わる材料となります。そのため、良質なタンパク質を摂ることで、血管をイキイキと若返らせることができるのです。

その良質なタンパク質を含む代表的な食べ物が、大豆製品です。

魚には良質なタンパク質とEPA・DHAが豊富に含まれる

魚には良質なタンパク質とEPA・DHAが豊富に含まれる

魚には、良質の脂肪酸であるEPADHAが含まれています。これらの成分には、悪玉のLDLコレステロール中性脂肪を減らす作用があります。また、血管を拡張させて血流を促す働きもあります。
そのため、魚を食べることで血管の細胞が丈夫に生まれ変わり、血液もサラサラになるのです。

魚に含まれるEPA・DHAの効果

  • 悪玉のLDLコレステロールの低下。
  • 中性脂肪の低下。
  • 血管を拡張してい血流を促す。
  • 血液をサラサラにする。
ただし、食べ過ぎると肥満や腎臓への負担が大きくなります。主菜1食分の目安としては80100gの量です。

大豆製品は良質はタンパク質が豊富でコレステロールはゼロ

大豆製品は良質はタンパク質が豊富でコレステロールはゼロ

一方の大豆製品は、タンパク質や脂質、各種ビタミンとミネラルをバランス良く含み、コレステロールはゼロです。
日本では豆腐や納豆、厚揚げなどの大豆製品が豊富に揃うのも嬉しいですね。

血液をサラサラにして血管の老化を防ぐ食べ物

  • 抗酸化成分を多く含む野菜
  • 良質なタンパク質を多く含む魚・大豆製品
この他にも、毎日の食事で積極的に摂りたい血管に良い食べ物があります。
こちらの記事でそれらの食べ物を紹介していますので、是非こちらも参考にして下さい。

血液をサラサラにするおすすめのサプリメント

三黒の美酢

残業や仕事が忙しく外食が多くなりがちな人は、栄養が偏りがちになります。なるべく油物を食べるのは避けていても、外食には化学調味料などの添加物が多く含まれていますので、体に負荷になるものも一緒に摂ることになってしまいます。

そんな忙しい人におすすめなのが、足りない栄養を手軽に摂取できるサプリメントです。サプリメントは食事では摂ることのできない栄養を補助するためのものになります。

血液をサラサラにするためには、「黒酢」や「DHA・EPA」「にんにく」などが含まれたサプリメントが効果的です。
中でもおすすめなのが、『三黒の美酢(さんごくのみず)』です。
『三黒の美酢』は、「完熟黒にんにく」「黒酢もろみ」「有精卵黄油」を主成分に、「DHA・EPA」が配合されたビタミンやアミノ酸を豊富に含んだサプリメントになります。

三黒の美酢

三黒の美酢』の特徴は、九州伝承の厳選された素材へのこだわりです。使用している素材はすべて、農薬や化学合成添加物などの人の体に害をもたらすものは一切使用しないで作られています。
黒にんにくや黒酢を成分としたサプリメントは他にも多くありますが、主成分よりも添加物が多く含まれているものも多くあります。
血管を健康に若返らせるためには、なるべく余分な添加物の摂取は避けたいです。
『三黒の美酢』は一つ一つの素材に徹底したこだわりがあるので、健康を気遣う人には安心して飲めるサプリメントになっています。

『三黒の美酢』の効果や評判については、こちらの記事を参考にして下さい。

黒にんにくサプリ「三黒の美酢」口コミでの評判は?

血管や血液の状態は、毎日食べるものによって変わってきます。
野菜や良質なタンパク質など、血液をサラサラにする食事を摂り入れて、動脈硬化を起こさない健康な血管作りを目指して下さい。


サブコンテンツ

おすすめのDHA・EPAサプリメント

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク