血圧手帳で早期発見と予防を – 血圧手帳の選び方


血圧が気になりだしたら、まず行いたいのが、血圧を自己管理することです。それには、毎日の血圧測定を習慣にして記録することが必要不可欠です。

日々の血圧値を記録することで、血圧の変化を把握してコントロールすることができます。そのためにも、「血圧手帳」を手に入れ、記録することから始めてみましょう。

血圧管理は血圧手帳の記録から

血圧手帳

血圧は毎日の計測と血圧手帳で記録することで管理できる。

これまで自宅での血圧測定を習慣にしていない場合、測定値を記録しておくものがありませんよね。とりあえずその辺にメモしておく、、などでは、血圧を正しく管理することができません。
これから毎日忘れずに血圧測定を習慣にするためにも、まずは血圧を記録しておくための「血圧手帳」が必要です。

通常、「血圧手帳」と呼ばれるものでは、血圧記録表と血圧グラフがセットになっています。
記録内容は、朝と夜の上と下の血圧値計測時間脈拍が基本です。他に、体重や食事内容、服用薬などを記入するものもあります。
メモ欄がある場合には、気になる体調の変化などを記入しておくと良いでしょう。

しかし、毎日継続して記録していくためには、項目内容が多くて負担にならないようなものがお勧めです。
そのためにも、初めての方は基本的な血圧値と脈拍、計測時間の記録から始めてみることです。

血圧手帳の基本的な記録内容

  • 朝と夜の血圧値
  • 上と下の血圧値
  • 計測時間
  • 脈拍
血圧手帳は市販でも販売されていますが、血圧計を購入すると記録表が一緒に付いているものもあります。また、製薬会社やメーカーのサイトで血圧記録表をダウンロードできるものもあります。
最近では、スマートフォンのアプリでも「血圧手帳」が出ているので、スマホで管理することもできますね。

また、定期的に病院を受診している場合、病院でもらえるものもありますので、問い合わせてみるといいでしょう。

血圧手帳を手に入れるには

  • 市販でも販売されているものを購入する(アマゾンなどでも販売されています)。
  • 通院先の病院でもらう。
  • 血圧計を購入すると記録表が一緒に付いている。
  • 製薬会社やメーカーのサイトでダウンロードする。
  • スマートフォンのアプリ版「血圧手帳」を使う。
このように、血圧手帳には様式や形態も色々ありますので、自分の生活スタイルに合ったものを使うようにするといいでしょう。

正しい血圧手帳の記入方法

正しい血圧の測定方法

正しい血圧を測定するためには、毎日同じ条件で測定することが大切になる。


血圧手帳
を手に入れたら、血圧を管理するために正しい記入方法を知っておきましょう。

血圧の測定は、毎日同じ条件で行うことが大切です。
基本的には毎日朝と夜の2回、食事や薬の服用前、運動や入浴の前に測ります。朝は起床から1時間以内に排尿を済ませてから測定します。夜は、食事や入浴を済ませて就寝前に測るようにします。

血圧測定のタイミング

  • 毎日、朝と夜の2回
  • 食事や運動、入浴する前
  • 薬を服用する前
  • 朝は排尿後、起床から1時間以内
  • 夜は就寝前
運動した後や興奮している状態の時、食後や入浴直後は避けるようにします。タバコを吸う人は喫煙直後は避けます。

血圧は緊張したり温度や環境の変化によっても変動するものです。正しい血圧を測定するためには、毎日決まった時間に同じ環境で測定することが大切です。

測定するときは、座ってゆっくりと深呼吸を2、3回して、リラックスした状態で測ります。測定中はテレビを見たり話をしないようにして、2回以上測定して平均値を記録するようにします。

血圧の測定方法

  • 座ってゆっくりと深呼吸をしてから測定する。
  • リラックスした状態で測るようにする。
  • 測定中はテレビを見たり話をしないようにする。
  • 2回以上測定して平均値を記録する。
家庭での正しい血圧測定方法については、こちらの記事で詳しく紹介していますので参考にして下さい。

血圧手帳で危険な高血圧を予防できる?!

家庭での血圧測定

家庭での血圧測定は、医療機関で発見されにくい「白衣高血圧」や「早朝高血圧」の発見にもつながる。


高血圧
は、ほとんど自覚症状がありません。そして、気付いた時には動脈硬化が進行して、すでに脳や心臓などで合併症が進行している場合もあります。
それだけではなく、高くなった血圧をそのまま放置していると、脳梗塞心筋梗塞などの、命に関わる重大な病気を起こす危険性もあるのです。

高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれるように、重症になるまで症状が表れない怖い病気でもあります。そのため、自覚症状がないうちから予防することが大切なのです。

毎日の血圧測定を習慣にしてそれを記録する事は、高血圧を早期発見することにつながります。すでに高血圧となっている場合には、日々の自己測定が療養のベースとなります。
また、高血圧の薬を処方されて飲んでいる場合、薬の効き目や季節による変動を知るのに役立ちます。

そして、医療機関の健診などでは発見されにくい、「白衣高血圧」や「早朝高血圧」を発見することもできるのです。

早朝高血圧」は、健診では正常値でも、実際には早朝の血圧が高くなるタイプの高血圧です。
早朝高血圧はそのまま放っておくと、起床前後に多発する脳卒中心筋梗塞を起こす危険性があります。そのため、早期発見と治療が重要になる危険な高血圧でもあるのです。

血圧手帳を記録することのメリット

  • 高血圧を早期発見につながる。
  • 高血圧となっている場合、自己測定が療養のベースとなる。
  • 降圧薬の効き目や季節による変動を知るのに役立つ。
  • 「白衣高血圧」や「早朝高血圧」を発見することができる。
「早朝高血圧」の詳しい説明については、こちらの記事で紹介していますので参考にして下さい。

高血圧の早期発見と予防には、“正しく測る”ことがとても重要になります。
そのためにも、血圧手帳で毎日の血圧を記録する習慣が、“高血圧を予防する一番の近道”となるのです。


サブコンテンツ

おすすめのDHA・EPAサプリメント

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク