毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?


血管の老化は、動脈硬化を引き起こす大きな要因となります。
また、血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき、老化することが大きく影響しています。

血管が老化する最も大きな原因は、毎日の食生活です。日々、どんな物を食べるかによって、血管の老化スピードは変わるものです。

そこで今回は、老化した血管をイキイキと若返らせるために、毎日食べたい“血管に良い食べ物”を紹介します。

血管を強くする食べ物とは?

食べ物には、血流を促進したり、脂質やコレステロールを低下させる働きをするものがあります。
そのような食べ物を毎日の食事に摂り入れることで、血管を強くして健康にすることが期待できます。

魚の「EPA・DHA」で血管の老化を防ぐ

fish1

魚に多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」と「DHA(ドコサヘキサエン酸)」は、良質な脂肪である「多価不飽和脂肪酸」です。

多価不飽和脂肪酸は、血圧調整や血栓予防に効く作用があります。そして、血管の内皮細胞が生まれ変わる材料となります。

「EPA」と「DHA」には、悪玉のLDLコレステロールを減らし、中性脂肪の合成を抑える作用があります。また、血管を拡張して血流を良くして、血栓ができるのを防ぐ働きを持っています。そのため、血管を強くするのにとても効果的です。

特に「EPA」には、血管内皮細胞の炎症をしずめ、血管の膜を作るコーティング作用があります。そのため、傷ついて弱った血管もイキイキと若返らせる効果に期待できます。

「EPA・DHA」の血管を強くする効果

  • 悪玉のLDLコレステロールを減らす
  • 中性脂肪の合成を抑える
  • 血管拡張作用で血流を促進する
  • 血圧調整
  • 血栓を予防する
  • 血管内皮細胞の炎症を抑えて修復する
「EPA・DHA」を多く含む青魚

  • イワシ
  • ブリ
  • サバ
  • サンマ
  • アジ

参考:書籍「高血圧をらくらく下げるコツがわかる本」

EPA効果を手軽に摂ることができるとして、サプリを利用する人も多いようです。
しかし、その品質をしっかりと見極めなければ、その効果も期待できません。そればかりではなく、品質によっては逆効果となる場合もあります。

こちらの記事で、効果が期待できるEPAサプリの選び方について詳しく紹介しています。

リピーターから支持され、人気のEPAサプリとしておすすめの製品は、「きなり」です。
「きなり」は、抗酸化力と体内への吸収率が高められる「クリルオイル」が配合されているので、おすすめのEPAサプリです。

kinari-11

「きなり」使用者の感想は以下にまとめていますので、参考にされてください。

酢は血管をトータルにケアする

お酢

クエン酸やアミノ酸が豊富な酢は、血管をトータルにケアして血液をサラサラにする効果が高い。

は米などの穀物や果実を原料にした発酵食品です。

ですので、酢を作る発酵の過程では様々な有効成分が生まれます。クエン酸酢酸を主成分に、70種類もの有機酸が含まれ、アミノ酸もバランスよく含まれています。
酢酸には、脂質の代謝を促進する働きがあります。そのため、血液をサラサラにして血液循環をよくして、血圧の上昇を抑えるのです。

また、酢に含まれるアミノ酸には、血管を拡張する働きがあるため、血液の循環を良くして血圧を安定させる効果があります。

更に、酢のクエン酸には強力な抗酸化作用があります。そのため、悪玉のLDLコレステロールの酸化や、血管の老化を防いで動脈硬化を予防する働きがあります。
それだけではなく、クエン酸にはアルカリ作用もあるため、肉類や糖質の摂り過ぎで酸性に傾いた体を弱アルカリ性に戻す働きもあります。

また、疲労がたまって疲れた日に酢を使った食事を摂ると、乳酸を分解して血行を良くして、疲労回復の効果があります。

酢の血管をケアする成分

  • クエン酸
  • 酢酸
  • アミノ酸
酢の血管をケアする効果

  • 脂質や糖の代謝を促進して、血液をサラサラする。
  • 強力な抗酸化作用で、悪玉のLDLコレステロールの酸化を防ぐ。
  • 血管の老化を防いで動脈硬化を予防する。
  • 肉類や糖質の摂り過ぎにより、酸性に傾いた体を弱アルカリ性に戻す。
酢の血圧を下げる効果については、こちらの記事にも詳しく説明しています。

このように血管に良い作用をもたらす「酢」は、毎日の食事には是非、加えたい食品です。

しかし、どうしても酢の酸味が苦手な方や、そのままでは抵抗のある方もいます。そんな場合には、酢の効果を手軽に摂れるサプリメントを摂り入れるのもいいですね。

特に、発酵期間の長い黒酢だと、その効果もより期待ができます。

三黒の美酢

こちらの記事で「黒酢サプリ」について詳しく紹介していますので、サプリで試したい方は是非、参考にして下さい。

「黒酢サプリ」でリピーターが多く人気の商品が『三黒の美酢』です。
『三黒の美酢』は厳選した素材やこだわりの製造工程で作られた、「黒酢サプリ」でおすすめの商品です。

「黒酢サプリ」は数が多くてどれがいいのかわからないという方は、こちらの記事を参考にして下さい。

しょうがの血管修復効果で動脈硬化を改善

しょうが

しょうがには傷ついた血管を修復する作用がある。

様々な健康に良い成分が含まれることで知られているしょうがですが、その中でも、しょうがの皮の近くに含まれるジンゲロールという成分があります。
ジンゲロールは、中性脂肪を減らして悪玉のLDLコレステロールを減らす作用があります。

また、しょうがは加熱したり蒸すことでショウガオールが発生します。ショウガオールには、傷ついた血管を修復する作用があるため、動脈硬化の予防や改善に効果があります。
更に、寒いときに体を温める効果があるしょうがですが、血行を良くして冷え性にも効果的です。

しょうがの血管を修復する成分

  • ジンゲロール
  • ショウガオール
しょうがの血管を修復する作用

  • 中性脂肪を減らして、悪玉のLDLコレステロールを減らす。
  • 傷ついた血管を修復して、動脈硬化を予防する。
  • 血行を促進して冷え性を改善する。

玉ねぎで血液をサラサラに

玉ねぎ

玉ねぎは血液をサラサラにして、高血圧や動脈硬化を予防する。

玉ねぎは、血液をサラサラにすることでよく知られている薬効成分の多い野菜です。

玉ねぎを食べると血液がサラサラになるのは、ケルセチンという成分が豊富に含まれているからです。
ケルセチンはポリフェノールの一種で、腸内の脂肪を排出して血液をサラサラにする働きがあります。また、抗酸化作用も強いので、血管の老化を防いで高血圧動脈硬化を予防します。

玉ねぎには特有の刺激臭や辛味がありますが、これはイソアリインというイオウ化合物が含まれているためです。このイソアリインには、血液を固まりにくくして血栓ができるのを予防する働きがあります。そのため、血管の状態を健康に保って、動脈硬化を予防する効果があります。

この玉ねぎの効果を有効に摂り入れるためには、調理法にも注意が必要です。
血中脂質を減らして血管を健康にして血圧を下げるには、加熱調理が向いています。炒めたり蒸したりして食べるのがおすすめです。

玉ねぎの血液をサラサラにする成分

  • ケルセチン(ポリフェノール)
  • イソアリイン(イオウ化合物)
玉ねぎの血液サラサラ効果

  • 強い抗酸化作用により、血管の老化を防いで高血圧や動脈硬化を予防する。
  • 血液を固まりにくくして血栓を予防する。
  • 血管の状態を健康に保って、動脈硬化を予防する。

にんにくの血液サラサラ効果で血圧を下げる

ニンニク

ニンニクには、血管拡張作用やコレステロールの低下など血液サラサラ成分が豊富に含まれている。

にんにく」と言うと“スタミナアップ”や“滋養強壮”のイメージが強いため、血圧を上げてしまうのでは?と思っている人もいるかもしれません。しかし実際には、にんにくには血圧をサラサラにして血流を促進し、血圧を下げる優れた効果があるのです。

にんにくに含まれる成分には、血管を拡張したり、コレステロールを低下させる働きや、血液をサラサラにする成分が豊富に含まれています。

にんにくに含まれる血管を健康にする成分

  • アリシン
  • ジアリルスルフィド
  • アデノシン
  • スコルジニン
  • 硫黄化合物
  • S-アリルシステイン
  • アホエン
  • ビニルジチイン
  • ジアリルジスルフィド
  • ジアリルトリスルフィド
  • スコルジニン
血管が拡張されて血流が良くなることで、血圧を下げる効果が期待できます。
また、コレステロールを抑制することにより、コレステロールが血管内に溜まるのを防いで血管が細くなるのを軽減できます。そのため、血圧が高くなるのを防ぐ効果が期待できます。

にんにくの血液サラサラ効果

  • 血管平滑筋を弛緩させて血管を拡張させる。
  • 末梢血管を拡張する。
  • コレステロールの生産を抑制する。
  • 体内のコレステロール量を減らす。
  • 血栓の予防、末梢血管の血流を促して血液をサラサラにする。
  • 血圧が高くなるのを防ぎ、血圧を下げる効果。
このように、にんにくには血管を拡張したりコレステロールを低下し、血液をサラサラにする成分が豊富に含まれているので、高血圧の予防にとても効果的なのです。

にんにくの有効成分が強化された「黒にんにく」

黒にんにく

黒にんにくはニンニクを熟成発酵させて、有効成分が飛躍的に増加している。

更に、このにんにくに含まれる有効成分を増やし、その効能を更に強化したのが「黒にんにく」です。

黒にんにくは、生のにんにくを一定の条件の元で発酵熟成して作られます。そのため、にんにくの有効成分が飛躍的に増加して、抗酸化作用免疫力が高まります。

これは、高血圧動脈硬化などを予防するだけではなく、生活習慣病ガン予防などあらゆる病気の予防にも期待が高まり、今や「黒にんにく」は健康食品として大変注目されています。

黒にんにくの効能については、こちらの記事を参考にして下さい。

このように、健康効果が注目されている黒にんにくは、最近では様々な商品が売られています。
しかし、黒にんにくの効果を実感するには、ある条件をクリアして製造されていることが重要です。

効果が実感できる「黒にんにく」選びのポイントを、こちらの記事で詳しく紹介しています。これから黒にんにくを試してみたいという方は、是非、参考にして下さい。

血管を強くするサプリメントとは?

三黒の美酢

血管を丈夫に健康にするためには、このような血液をサラサラにして血管ケアのある食べ物を積極的に摂ることが効果的です。

しかし、残業や仕事が忙しく、外食やコンビニの食事に頼らざるを得ない食生活を送っている方もいることでしょう。
そんな忙しい人の食生活をサポートしてくれるのが “サプリメント” です。サプリメントは、普段の食事で足りない栄養分を補給すのに役立つ、栄養補助食品です。

本来であれば、必要な栄養分は食事から摂取するのが最も効果的です。しかし、食事だけでは摂取するのが難しい場合もあります。
そこで、血管ケアに効果的な成分が含まれているサプリメントを紹介したいと思います。

血管を強くするサプリメントは?

  • EPA・DHA
  • 黒にんにく
  • 黒酢
  • コエンザイムQ10
  • イチョウ葉エキス
  • L-カルニチン
  • ピクノジェノール

こちらの記事に、血管ケアに有効なサプリメントについて詳しく紹介していますので、参考にして下さい。

血管ケアにおすすめのサプリ

三黒の美酢

血管ケアに有効な成分はいくつかあります。その中でも特に効果が高いとされる、「黒にんにく」「黒酢」「DHA・EPA」を含んだサプリメントです。

これらの有効成分が全て含まれているのが、『三黒の美酢(さんごくのみず)』です。
『三黒の美酢』は、「完熟黒にんにく」「黒酢もろみ」「有精卵黄油」を主成分に、「DHA・EPA」が配合されたビタミンやアミノ酸を豊富に含んだサプリメントです。

三黒の美酢

「黒にんにく」や「黒酢」のサプリメントは他にも多くありますが、『三黒の美酢』をお勧めする理由には、九州伝承の厳選された素材へのこだわりにあります。

それぞれの素材の生産工程や製造加工にまで徹底してこだわり、使用されている素材はすべて、農薬や化学合成添加物などの人の体に害をもたらすものは一切使用せずに作られているのです

サプリメントの中には、主成分よりも添加物が多く含まれているものも多くあります。キレイな血液と血管ケアのためには、なるべく余分な添加物の摂取は避けたいものです。

『三黒の美酢』の効果や評判については、こちらの記事を参考にして下さい。

また、「EPA・DHA」の効果で紹介している「きなり」も血管ケアにおすすめのサプリです。

魚が苦手な方や、普段はあまり魚を食べないという方は、「EPA・DHA」成分を積極的に摂るためにも、「きなり」のようなサプリを利用してみてはいかがでしょう?

信頼できるサプリで血管を健康に保つ

白井田七

サプリメントは様々な種類がありますが、添加分が多く含まれている点が気になります。健康のためには、なるべく余分な添加分の摂取は控えたいですね。

そこで、血管を若々しく保つためにもおすすめしたいサプリが「白井田七」です。

「白井田七」は田七人参のサプリです。田七人参は中国で古くから生薬として活用されてきたものですが、その最大の効能は血液を浄化して免疫力を高めることです。

そのため、老化に伴なう体の不調や、生活習慣病の予防に効果が期待できます。

また、「白井田七」は健康のためのサプリとして、添加物を一切使用していない点でもおすすめです。完全無農薬・有機栽培の貴重な田七人参を飲みやすい錠剤タイプにしたサプリです。

粘着剤も使わず、わずかな有機玄米で結着しているため、成分の98%が田七人参になります。田七人参のサプリ「白井田七」でどんな効果が期待できるのか、こちらの記事で詳しく紹介しています。

詳細は、白井田七の公式ページも参考にしてください。

血管を強くする食事方法

食べ物だけではなく。食事方法によっても血管への影響が変わります。
血管の老化が気になる方は、普段の食事方法に気をつけるようにして下さい。

血管を強くする食事方法

  • 野菜から先に食べる
  • 早食いをしない
  • 決まった時間に食事をする
  • 就寝前の食事は控える
血管を丈夫に健康にすることは、からだ全体の健康に大きく影響してきます。人の老化は血管から始まるとも言われています。

血管ケアのためにも是非、毎日の食事にこれらの食品を取り入れてみてはいかがでしょう?


サブコンテンツ

数値が気になる方に!おすすめのサプリランキング

ranking01
ranking02
ranking03

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血管の老化は、動脈硬化を引き起こす大きな要因となります。 また、血圧が高くなる原因には、血液の汚れに・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク