血管年齢の若返りは可能?老化した血管を若返らせるには


最近は血管年齢を調べることができる検査があります。そこで実年齢より血管年齢が高くなっていると、心配になりますよね?
血管の老化は、脳梗塞などの重大な病気の原因にもなります。

しかし、実は生活習慣を見直すことで、老化した血管年齢も若返らせることができるのです。

血管の老化を速める原因は?

doumyaku01

血管年齢が実年齢より高くなっていて、ショックを受ける人も少なくありません。
しかし、一旦老化して高くなった血管年齢も、その原因を改善することで若返らせることはできます。そのためには、まずは、血管を老化させている原因を知ることが大切です。

一般的には、血管の老化は加齢と共に進行していくものです。そして、年齢とともに誰でも動脈硬化が進行していきます。
しかし、加齢以外にも血管の老化を早めてしまう原因があります。

高血圧高血糖脂質代謝異常などは、血管を老化させる大きな危険因子です。そのため、これらの要因があると、加齢に関係なく血管の老化を速めることになるのです。

血管の老化を速める危険因子

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質代謝異常
これらの危険因子があると、血管の内側にある「血管内皮細胞」が障害されます。
「血管内皮細胞」には本来、血管を守るためのバリア機能が備わっているのですが、血管が傷つき弱まわることで、その機能が低下してしまいます。
そして、傷ついた血管内へ、悪玉の「LDLコレステロール」などの異物が侵入して、それが酸化することで動脈硬化を進行させるのです。

動脈硬化の進行

血管内皮細胞」が障害されてバリア機能が低下する。

yajirusi_sita_S

血管内に悪玉の「LDLコレステロール」などの異物が侵入する。

yajirusi_sita_S

「LDLコレステロール」が酸化して動脈硬化を進行させる。

このように、血管の老化現象である動脈硬化は、血管内皮細胞が障害されてバリア機能が低下することで進行が速まるのです。

こんな生活習慣が血管を老化させていた!?

血管の老化と大きく関係している「血管内皮細胞」ですが、本来は血管を守るバリア機能があります。
健康な状態であれば、血管内皮細胞から分泌される「NO (一酸化窒素)」という物質によって、血管の傷を修復したり、血圧をコントロールする働きがあるのです。

健康な血管内皮細胞

「NO (一酸化窒素)」の分泌によって、血管の修復機能や血圧をコントロールする働きがある。

そのため、正常に「NO (一酸化窒素)」が分泌されていれば、血管をしなやかで弾力のある健康な状態に保たれるのです。
また、「NO (一酸化窒素)」には血管の修復機能だけではなく、血管を保護する働きもあります。
血管内の炎症やプラーク(コブ)を修復したり、血小板が凝縮して血栓(血のかたまり)ができるのを予防して血管が詰まるのを防ぐのです。

「NO (一酸化窒素)」の血管修復・保護作用

  • 血管拡張作用
  • 血流の流れを促進する
  • 血圧をコントロールして安定させる
  • 血管内の炎症やプラーク(コブ)を修復する
  • 血栓(血のかたまり)を予防する
しかし、喫煙や過度の飲酒、脂質の摂り過ぎや運動不足などの悪い生活習慣によって、この「NO (一酸化窒素)」が正常に分泌されなくなります。
そのため、このような悪い生活習慣を長く続けることで、血管の修復機能が十分に働かなくなり、血管の老化を促進させてしまうのです。

血管の老化を速める生活習慣

  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • 脂質の摂り過ぎ
  • 食べ過ぎ
  • 運動不足
  • 疲労やストレスの蓄積
  • 睡眠不足
これらの悪い生活習慣を続けていると、血圧が高くなったり血液がドロドロになり、血流が悪くなります。
そのため、高血圧の人や血液がドロドロで血流が悪い人は、「NO (一酸化窒素)」が正常に分泌されず不足している状態ということになります。

老化した血管を若返らせることはできる?

血管内皮細胞

血管内皮細胞の働きを活発して、「NO (一酸化窒素)」の分泌を良くすることで血管修復機能が高まる。

「一旦老化した血管は若返らせることはできないのでは?」と心配される人も少なくありません。
しかし、私たちの血管には元々備わっている「血管修復機能」や「血管保護機能」があります。ですので、血管を若返らせるためには、これらの機能を正常に働くようにしてあげればいいのです。

そのためには、血管内皮細胞の働きを活発して、「NO (一酸化窒素)」の分泌を良くすることです。そうすれば、「NO (一酸化窒素)」が持つ血管修復機能や保護機能が働いて、老化した血管も元気に若返らせることができるのです。

老化した血管を若返らせるためには

血管内皮細胞の働きを活発にさせる

yajirusi_sita_S

「NO (一酸化窒素)」の分泌を良くする

yajirusi_sita_S

「血管修復機能」「血管保護機能」がアップする

「NO (一酸化窒素)」の分泌を良くするには?

有酸素運動

「有酸素運動」で血行を促進することで「NO」の分泌が促進される。

血管内皮細胞の働きを活発にして「NO (一酸化窒素)」の分泌を良くするには、高血圧高血糖脂質異常の原因となる悪い生活習慣を改善することが先決です。
それらの原因となっている生活習慣を改善することで、血管内皮細胞を元気にして、低下した機能を回復させることができるからです。

血管内皮細胞の働きを活発にするには

高血圧や高血糖、脂質異常の原因となる悪い生活習慣を改善すること。

また、さらに効果的な方法としては、「血行を促進する」ことです。血行が促進されることで、血管内皮細胞を刺激して活性化することにつながります。

そして、血行を促進する最も効果的な方法となるのが、「有酸素運動」です。
有酸素運動はウォーキングなどの酸素を取り込みながら、運動で筋肉を動かすことによって全身の血行が促進されます。そうすると、筋肉からは「ブラジキニン」という物質が放出されます。そして、それが血管内皮細胞を活性化させて、「NO」の分泌が促進されるのです。

「NO (一酸化窒素)」の分泌を良くする方法

有酸素運動」で血行を促進する。

yajirusi_sita_S

筋肉からは「ブラジキニン」という物質が放出される。

yajirusi_sita_S

血管内皮細胞を活性化させて、「NO」の分泌が促進される

食べ物で「NO (一酸化窒素)」を増やす

青魚などに多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」

青魚などに多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」はNOの分泌を促進する。

また、食べ物の中にも「NO (一酸化窒素)」の分泌を促す効果があるものがあります。
それは、青魚などに多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」です。
最近の研究では、魚が血管に及ぼす効果が明らかになっていますが、それは魚に多く含まれる「EPA 」には、血管内皮細胞の炎症を静めて、血管の膜を作る作用があるためです。

魚に含まれるEPAについては、その効果的な摂り方などをこちらの記事で紹介していますので、参考にして下さい。

また、魚のEPA以外にも、ブルーチーズに含まれているLTP (ラクトトリペプチド)に、血管内皮細胞の機能を高める作用があることが分かっています。
LTPにはこの他にも、血管拡張作用とそれにともなう血圧降下作用があるため、弱った血管内皮細胞を改善する効果が期待できるのです。

「NO (一酸化窒素)」の分泌を促す食べ物

  • 青魚などに多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」
    血管内皮細胞の炎症を静めて、血管の膜を作る作用がある。
  • ブルーチーズに含まれている「LTP (ラクトトリペプチド)」
    血管内皮細胞の機能を高める作用がある。
    血管拡張作用と、それにともなう血圧降下作用がある。

血管を若返らせる「長寿ホルモン」を増やす

私たちの体には様々なホルモンが存在していますが、中には“長寿ホルモン”と呼ばれるものがあります。
これは善玉ホルモンの一種で、「アディポネクチン」というホルモンです。

「アディポネクチン」には、生活習慣病のリスクを改善したり、血管の老化を防ぐなど様々な効果があるため、世界的にも“長寿ホルモン”として注目されているのです。

血管を若返らせる方法

  • 「アディポネクチン」の分泌を活発にさせる
    アディポネクチンが正常に分泌されていると、血糖値を下げたり、血管修復機能が働く。
この「アディポネクチン」は、分子構造が複雑なため、食べ物から補う必要があります。

「アディポネクチン」を増やすとされる食べ物

  • コーヒー
  • 杜仲茶
  • 納豆などの大豆製品に含まれる「βコングリシニン」
  • 青魚に多く含まれる「EPA (エイコサペンタエン酸)」
  • 野菜、海藻類などの食物繊維
食べ物の中でも特に「アディポネクチン」の分泌を増やすとされているのが、青魚などに含まれる「EPA (エイコサペンタエン酸)」と、大豆製品に含まれる「βコングリシニン」です。
そのため、食事で青魚大豆製品を多く摂るようにすると、血管を若返らせる“長寿ホルモン”が増えるということです。

また、「アディポネクチン」は内臓脂肪が増えると正常に分泌されず、分泌量が低下してしまいす。
そのため、内臓脂肪が増えている場合には、原因となる生活習慣を改善して、内臓脂肪を減らすことが先決となります。

血管を若返らせる長寿ホルモン「アディポネクチン」については、こちらの記事でも詳しく紹介していますので参考にして下さい。

血管を若返らせる効果的な方法

このように、私たちの体には元々、血管を修復したり保護するための機能が備わっているのです。
そのため、これらの体の機能を高めることによって、弱って老化した血管を修復して、イキイキと若返らせることができるのです。

血管を若返らせる効果的な方法

  • 血管内皮細胞の働きを活発にして、「NO (一酸化窒素)」の分泌を良くする
  • 「アディポネクチン」の分泌を活発にさせる
そのためには、これらの修復機能を低下させる原因となっている、生活習慣を改善することが先決です。
悪い生活習慣を続けることによって、高血圧や高血糖、脂質異常が起こります。そして、これらの要因によって、加齢とは関係なく血管の老化を速めることになるのです。

“血管の健康状態”は、毎日の食生活や運動習慣、生活習慣によって大きく影響を受けます。
血管を若返らせるためには、まずはこれまでの生活習慣を見直すことから始めてみて下さい。


サブコンテンツ

おすすめのDHA・EPAサプリメント

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク