高脂血症で起こる症状は? – 早期発見のポイント


高脂血症は、血中の中性脂肪やコレステロールが異常に多くなる状態ですが、ほとんど自覚症状はありません。
しかし、高脂血症を治療せずに放っておくと、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。
そのため、自覚症状がなくても、早期に発見して治療に取り組むことが大切です。

今回は、高脂血症で考えられる症状と、早期発見のためのポイントをご紹介します。

高脂血症で起こる症状は?

高脂血症は、血中の中性脂肪コレステロールが異常に多くなった状態で、最近は「脂質異常症」と呼ばれています。

脂質異常症はほとんどの場合、血液中に脂質が増えるだけで、何も自覚症状が現れません。
そのため、多くの場合は、定期健診などの血液検査で初めてわかることがほとんどです。

脂質異常症(高脂血症)の診断基準

診断 数値
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール ≧ 140mg/dL
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール < 40mg/dL
高トリグリセライド血症 トリグリセライド(中性脂肪)≧ 150mg/dL

脂質異常症の診断と原因については、こちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にして下さい。

このように、症状だけで高脂血症を早期発見することは難しいです。
また、脂質異常症と診断されても、自覚症状がないため本人は軽く受け止めて、そのまま放置されるケースも少なくありません。

遺伝性で起こる症状

脂質異常症には、遺伝性の「家族性高コレステロール血症」があります。これは、日本人では500人に1人の高い頻度でみられる疾患です。

症状として、「黄色腫(おうしょくしゅ)」と呼ばれるコレステロールの塊が、ひじやひざ、アキレス腱の辺りにできることがあります。

「家族性高コレステロール血症」の症状

  • アキレス腱肥厚(けんひこう)
    アキレス腱が盛り上がって痛みを感じたり、黄色い出来物ができる。最も多くみられる症状。
  • 腱黄色腫(けんおうしょくしゅ)
    手の甲、ひじ、膝の腱にできる硬い盛り上がり。
  • 眼瞼黄色腫(がんけんおうしょくしゅ)
    まぶたにできる黄色い斑点状の盛り上がり。
  • 角膜輪(かくまくりん)
    黒目の周囲に白い輪ができることがある。
アキレス腱の厚みが1cm以上あって血中コレステロール値の高い場合は、家族性高コレステロール血症である可能性が高いと考えられます。

高脂血症(脂質異常症)の悪化で起こる症状

脂質異常症をそのまま放っておくと、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まってしまいます。そして、知らないうちに体の血管が傷つき、動脈硬化を引き起こすことになります。
動脈硬化が起こっても、自覚症状が現れないため、そのまま病気が進行してしまう場合があります。
動脈硬化は、進行する場所によっては「心筋梗塞」や「脳梗塞」など、命の危険性が高い病を発症することになります。

脂質異常症を放置すると、致命的疾病を招く

  • 脂質異常症は動脈硬化の原因。
  • 脂質異常症も動脈硬化も、自覚症状がないまま進行する。
  • 動脈硬化が心臓の血管で進行すれば「心筋梗塞」に、脳の血管で進行すれば「脳梗塞」になり、最悪の場合は命を落としてしまう可能性もある。
また、中性脂肪が多い脂質異常症の場合は、「急性すい炎」につながることもあります。

すい臓は、脂質などを分解する消化酵素を分泌している器官です。そのため、血液中の中性脂肪が多くなりすぎると、それを分解するために大量の消化酵素を分泌することになります。そうすると、消化酵素によってすい臓自体が消化されてしまい、大きなダメージを受けるのです。

「急性すい炎」の症状

  • 突然、みぞおちや脇腹などに激しい痛みを感じる。
  • 重症の場合は、すい臓だけでなく他の臓器まで損傷して、死に至ることもある。

高脂血症(脂質異常症)を早期発見するには?

高脂血症は、悪化するまで症状が現れないですが、血液検査によって発見することができます。
そのため、早期に発見するためには、健康診断など定期的に病院での健診を受けることが大切です。

高脂血症(脂質異常症)の原因は食生活

脂質異常症の治療は、動脈硬化を予防することが目的です。血液検査で数値に異常があった場合、無症状であっても正しい治療を行う必要があります。

脂質異常症の治療といっても、直ぐに薬物治療が必要になるわけではありません。
薬物治療の適応に関しては、他の危険因子も照らし合わせて決められます。
そのため、脂質異常症の治療では、先ずは食生活の改善を行うことになります。

脂質異常症で特に問題になるのが、「高コレステロール血症」と「高トリグリセライド(中性脂肪)血症」です。そして、その原因のほとんどが食生活にあります。

脂質異常症となる食事については、こちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にして下さい。

高脂血症を防ぐためには、毎日の食生活を見直すことが必要です。
また、血液検査で高脂血症の兆候があった場合には、早めに食事の改善に取り組むようにしましょう。


サブコンテンツ

スポンサーリンク

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク