黒にんにくを美味しく食べる – 効果的な食べ方は?


黒にんにく

抗酸化作用免疫力を活性化するとして、様々な効果が期待できると話題なのが「黒にんにく」です。
黒にんにくは、高血圧の予防や改善にも効果的な成分が豊富に含まれています。しかし、その効果を実感するためには食べ方にも工夫が必要です。
そこで今回は、黒にんにくを美味しく効果的に食べる方法をご紹介します。

「黒にんにく」を美味しく食べるには?

黒にんにくは、生のニンニクを長期間、発酵熟成しているので、ドライフルーツのような甘味があり、柔らかく美味しく食べられます。にんにく特有のニオイも抑えられていて、ほとんどニオイが気になりません。
そのため、そのままでも食べられるのでフルーツ感覚で食べることができます。

しかし、人によってはニンニクが苦手で黒にんにくでも抵抗がある場合もあるかもしれません。
そんな時には、細かく刻んでチャーハンやピラフに薬味として入れてもコクが出て美味しくなります。
また、同じように刻んで餃子やハンバーグなどの具材に混ぜても美味しいです。

他にも、刺身を食べる際に使うしょう油に、刻んだ黒にんにくを入れます。そうするとコクが出て美味しい刺身しょう油になります。
血圧が高めの人が気になる減塩ですが、ダシで薄めているしょう油に黒にんにくを入れると、コクのある“刺身しょう油”ができます。

「黒にんにく」を使ったアレンジ料理

  • 細かく刻んでチャーハンピラフに薬味として入れる
  • 細かく刻んで餃子ハンバーグなどの具材に混ぜる
  • しょう油に刻んだ黒にんにくを入れた“刺身しょう油”にする

健康調味料「黒にんにく醤油」の作り方

調味料として欠かせないしょう油ですが、黒にんにくで作る「黒にんにく醤油」もおすすめです。
材料をミキサーにかけるだけで簡単に作ることができます。
いつもの煮物料理や炒め物、和え物などに入れると、一味違った美味しさが出ます。
サラダのドレッシングに隠し味として入れるのもおすすめです。

「黒にんにく醤油」の作り方

【材料】

  • 黒にんにく1玉
  • しょう油 1カップ
  • 酒 1/2カップ

【作り方】

  • 全ての材料をミキサーにかけてトロトロになった出来上がり。
  • ガラス瓶に入れて冷蔵庫で保存する。
黒にんにくはそのままでも美味しく食べられますが、毎日だと飽きることもあります。
黒にんにくのコクを活かして色々な料理にアレンジして楽しむのもいいですね。

「黒にんにく」の効果的な食べ方は?

黒にんにくを食べ始めると、割と早い段階でその効果を実感するという人が多いようです。
特に疲労がたまっていたり、加齢による代謝不良で体調不良を起こしている人には、顕著に体調の変化が現れます。

疲れがひどい時や疲労たまっている時には、夜に黒にんにくを食べるのがおすすめです。
そうすると、翌日の疲れが軽減されて朝の目覚めが良くなります。

黒にんにくを食べた人の感想で最も多いのが、“疲労の回復が早くなった”“朝の目覚めが良くなった”ということです。

実際に黒にんにくを食べた人の感想や効果などは、こちらの記事を参考にして下さい。

黒にんにくは毎日食べ続けることで、その効果を実感できるものです。
そのためには、食べ忘れないようにする工夫も必要です。よく、買ったまま食べるのを忘れてそのままにしているような人がいます。
毎日必ず行う習慣の中に、黒にんにくを入れるのもいいかもしれません。

例えば、毎朝ヨーグルトを食べている人なら、ヨーグルトに黒にんにくを入れます。意外かもしれませんが、熟成された黒にんにくはドライフルーツみたいになっているので、ヨーグルトにも合うのです。
他にも、スムージーに黒にんにくを入れるのもいいですね。

このように、毎日の食習慣の中で黒にんにくを入れる工夫をしてみて下さい。

「黒にんにく」の保存方法は?

黒にんにくの賞味期限は約6ヶ月です。美味しく食べるためには鮮度を保つ工夫も必要です。

高温多湿の環境だとカビが生える心配があります。特に湿気が多くなる梅雨の時期や、気温が高くなる夏場は注意しなければいけません。
気温が低くなる秋から冬意外の時期には、冷蔵庫で保存するのがおすすめです。
冬など常温に置いておく場合も、ビニールなどに入れたままだと湿気がこもるため、涼しい所に新聞紙などにくるんでおくといいでしょう。

長期保存には冷凍保存もおすすめです。黒にんにくは冷凍しても、皮が硬くなるだけで中の実は柔らかいままで凍りません。
人によったら、黒にんにくを凍らせて食べる方が美味しいという人もいます。夏は凍らせた黒にんにくをアイスクリームにトッピングしても美味しそうですね。

「黒にんにく」はどれくらい食べたら効果があるの?

黒にんにくを食べる時に気をつけたいのが、摂取量です。
健康食品など、効果を急ぐあまり必要以上に食べ過ぎる人がいますが、これはよくありません。
いくら健康にいいからと過剰に摂取すると、胃腸への負担がかかることになります。ニンニクは効能に優れていますが、刺激が強い食べ物です。
私の知り合いの人も、黒にんにくを食べ始めた頃は一日に1玉程食べていて、胃腸の調子が悪くなったそうです。

黒にんにくは、普通は一日1片~2片食べるのが適量です。
量を多く食べたからといって効果が高まるわけではありません。黒にんにくは栄養成分の含有量が高い食品です。一日1片でも十分な効果が期待できるはずです。

黒にんにくを食べて期待できる効果については、こちらの記事を参考にして下さい。

抗酸化活性作用免疫活性作用を手軽に摂り入れることができる黒にんにくは、毎日食べ続けることで体の変化を感じることができます。
是非、毎日美味しく食べるための工夫をして“黒にんにくの健康生活”を実感してみて下さい。


サブコンテンツ

スポンサーリンク

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク