黒にんにくの食べ方 – 効果的に美味しく食べるには?


黒にんにくを初めて食べる人は、食べ方に迷うことがあります。
「生でそのまま食べても大丈夫なのだろうか?」と思う人もいるでしょう。
また、いつどれくらい食べたらいいのかも気になりますね。

今回は、黒にんにくを美味しく食べるための、おすすめの食べ方と、健康効果を実感するための効果的な食べ方についてご紹介します。

黒にんにくの食べ方

黒にんにく

黒にんにくは食品なので、食べ方には特に決まりはありません。
生にんにくとは違い、すでに熱を通して熟成しているので、皮をむいてそのまま食べることができます。

食べる量は、1日1片〜3片くらいが目安です。
黒にんにくの種類によっては、大きさに違いがあります。そのため、大きさや体調に合わせて食べる量を決めるようにします。疲れが溜まっていたり、スタミナ不足を感じる時などは、少し多めに食べるようにするといいでしょう。

また、食べるタイミングも特に決まりはありませんので、いつでも好きな時間に食べることができます。
つい食べるのを忘れてしまうという人は、毎回夕食時に一緒に摂るようにするなど、いつも決まった時間に食べるようにするといいでしょう。そうすることで、食べ忘れを防いで継続しやすくなります。

黒にんにくの食べ方

  • 皮をむいてそのまま食べられる
  • 一日に食べる量は、1片〜3片が目安(大きさにもよる)
  • 食べるタイミングはお好みで

胃腸が弱い場合の食べ方

黒にんにくの食べ方

胃腸が弱い場合には、大きなものは半分にするなど一度に食べる量を減らすようにする

本来、にんにくは刺激が強い食品なので、胃腸が弱い方は気にされる人もいます。
黒にんにくは長期間発酵して熟成されているため、生のにんにくのような刺激はありません。

しかし、にんにく自体が他の食品に比べると刺激が強いため、食べ過ぎるとよくありません。
特に胃腸が弱い場合、一度に多く食べると、胃もたれやお腹が緩くなることもあります。空腹時を避けて、食事と一緒に食べるようにするのがおすすめです。

また、胃腸が弱い方は、食べ始めは1片を半分に切るなどして少量ずつ食べるようにするといいでしょう。慣れるまでは体調に合わせて量を加減するといいですね。

気になる臭いは?

にんにく料理は、食べた後の臭いが気になるため、翌日のことを気にして食べるのを控える人も多いです。
黒にんにくの場合は、長期間発酵することで、にんにく特有の臭いは軽減されています。

開封時や口に入れた時など、人によっては若干のニンニク臭を感じることがあります。しかし、数時間で臭いは消えます。
翌日まで臭いが残ることはほとんどないので、普通のにんにくのように翌日の臭いを気にすることなく食べることができます。

薬と一緒に食べても大丈夫?

薬を処方されている場合

一般の黒にんにくは食品なので、薬と併用して食べても特に問題はありません。
ただ、服用されているお薬や体調によっては、相性の良くない場合もあるかもしれません。治療中やお薬を服用していて心配な場合には、かかりつけの医師や薬剤師の方へ相談されるといいでしょう。

また、商品によってはにんにく以外の添加物が含まれているものもあるかもしれませんので、その際はご注意下さい。

このサイトで紹介している黒にんにく商品は、厳選された商品だけを紹介しています。にんにく以外のものは一切含まれず、無添加で安心できるものを選びました。
どの黒にんにくを選べばいいか迷われている方は、こちらで商品の詳しい紹介をしていますので、是非参考にご覧下さい。

黒にんにくの効果的な食べ方は?

黒にんにくを食べるタイミングに特に決まりはありませんが、体調に合わせてその都度、決めるようにするといいでしょう。
朝食べるようにすると、その日一日を乗り切るためのスタミナ源となります。また、夕食時に食べることで、疲労回復や翌朝のスッキリ感に期待ができます。

最近の研究によると、体内の免疫機能である「NK(ナチュラルキラー)細胞」が低下する睡眠前に、黒にんにくを摂取するのが効果的だという発表もあります。(弘前大学医学部 佐々木甚一元教授による)

就寝時は免疫力が下がる時間帯でもあるため、免疫力を上げたい場合には、夕食時に食べるようにするのがおすすめです。

効果が実感できるのはどれくらい?

効果の実感には人によって違いがあります。
翌日に違いを感じる人もいれば、2ヶ月程たってから体調の変化を感じる人もいます。
実際に黒にんにくを食べ続けている人の感想では、2〜3ヶ月ほどで実感されるケースが多いようです。

人の体内の血液が全て入れ替わるのに、120日間かかると言われています。そのため、食べ物での効果を実感するには、少なくとも3ヶ月は継続することをおすすめします。
食べ始めて先ずは、「疲れにくくなった」「目覚めが良くなった」など、日々の体の変化を意識してみるようにすると、より実感力を感じることができるでしょう。

黒にんにくおすすめの食べ方

黒にんにくのスライスをパンにトッピング

黒にんにくをスライスしてパンにトッピング

黒にんにくはそのまま食べても、ドライフルーツのような甘味があるので食べやすいです。
しかし、料理にアレンジして食べても美味しくいただけます。

例えば、黒にんにくを細かく刻んでドレッシングに使ったり、餃子の具やチャーハンの具材としても合います。
また、フルーツ感覚でスライスしてサラダにトッピングしたり、チーズと一緒にパンにのせて食べるのもおすすめです。
更に、黒にんにくは冷蔵しても硬くならないので、夏などは凍らせおくとシャリシャリした食感でアイスのように食べることができます。

黒にんにくのおすすめの食べ方

  • ヨーグルトにトッピング
  • 野菜炒めやチャーハンに入れる
  • 餃子の具に混ぜる
  • ドレッシングに混ぜる
  • サラダにトッピング
  • パンにのせたりサンドイッチにはさむ
  • 納豆に混ぜる
  • 凍らせてアイスに
生にんにくをしょうゆに漬けた「にんにくしょうゆ」がありますが、黒にんにくでも作ることができます。
また、酢にそのまま漬けると、「黒にんにく酢」になります。

「黒にんにくしょうゆ」の作り方など、こちらの記事で紹介していますので、参考にして下さい。

黒にんにくの保存方法

黒にんにくの保存方法は、春〜冬は常温で保存することが可能です。
直射日光や湿気を避けて、風通しの良い場所で保存するようにするといいでしょう。
気温が高くなる夏は、密閉容器などに入れて冷蔵庫で保存するようにします。

黒にんにくは、一般のにんにく料理とは違って、翌日の臭いを気にすることなく食べることができます。
そのため、疲労が溜まっていたりスタミナ不足を感じた時には、いつでも食べることができます。
体力や免疫力の低下を感じ始めたら、黒にんにくを試してみるのもいいかもしれません。


サブコンテンツ

血圧を下げるサプリ

スポンサーリンク

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とおすすめの食べ方

血管の老化は、“健康寿命”と大きく関係しています。動脈硬化を引き起こす要因や、血圧が高くなる根本的な原因となる・・・

コメントなし

白衣高血圧を克服する方法は?

家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護師を前にし・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるためです。 長・・・

コメントなし