「黒酢にんにく」の作り方と、その効果とは


「疲労がたまってなかなか疲れがとれない」「手軽に作れる健康食品はないだろうか?」そんな人におすすめなのが、「黒酢にんにく」です。

「黒酢にんにく」は、疲労回復効果の高い食材の代表ともいえる、“黒酢”と“にんにく”の最強コンビです。
しかも、作り方も簡単で、材料さえあれば手軽に自宅で作ることができます。
是非、疲労回復や健康づくりのために、自家製の「黒酢にんにく」を作ってみてはいかがでしょう?

「黒酢にんにく」にはどんな効果があるのか?

黒酢にんにく

「黒酢にんにく」はアミノ酸やクエン酸が豊富な“黒酢”に、“にんにく”を漬け込んで作られる。

「黒酢にんにく」は、アミノ酸やクエン酸が豊富な“黒酢”に、スタミナ食材として知られる“にんにく”を漬け込んで作られる、発酵食品です。
そのため、“黒酢”と“にんにく”のもつ有効成分が発酵によってさらに高まり、相乗効果も期待することができます。

長期間の発酵・熟成によって作られる黒酢には、8種類の必須アミノ酸をはじめ、クエン酸やビタミン、ミネラルなどの有効成分が豊富に含まれています。そのため、新陳代謝が活発になり脂肪を分解する働きが促進されて、疲労回復やダイエットにも効果があります。

また、長期間熟成されることで抗酸化作用もさらに高まり、血管の老化を防いで血液をサラサラにして、高血圧や動脈硬化の予防にも役立ちます。

酢には元々、酢酸が豊富に含まれているので、“クエン酸サイクル”によって疲労物質である乳酸を分解する働きがあり、疲労を回復する効果があります。それが黒酢になると、短時間で血液の流れをスムーズにする作用があり、疲労回復効果がより速まるのです。

黒酢の健康効果

  • 新陳代謝を活発にする
  • 脂肪を分解する働きが促進される
  • 強力な抗酸化作用がある
  • 血管の老化を防いで血液をサラサラにする
  • 高血圧や動脈硬化を予防する
  • 短時間で血液の流れをスムーズにする
  • 疲労回復効果がより速まる
黒酢の詳しい効果については、こちらの記事で紹介していますので参考にして下さい。

ニンニク

一方の黒酢に漬け込む“にんにく”にも、健康にいいとされる様々な効能があります。

にんにくの健康効果

  • 血液の粘度を下げて、血栓を予防する
  • 血中コレステロール値を下げる
  • 血中中性脂肪を下げる
  • 血圧を下げて高血圧を予防する
  • 強力な抗酸化作用がある
  • 免疫力が高まる
  • 感染予防
  • 抗がん作用
  • 気管支炎・気管支喘息を予防する
にんにくの効果と薬効については、こちらの記事で詳しく紹介していますので参考にして下さい。

にんにくは、民間療法としても多くの評価がありますが、その多くが「生にんにくでの効能」とされるものです。中でも、感染予防や免疫機能のアップ抗がん作用を期待するには、にんにくは生で摂る必要があります。
それは、にんにく特有の刺激臭の成分「アリシン」は、加熱調理によって壊されるからです。

しかし、にんにくは生で食べるには刺激臭が強く、ニオイが気になりますよね。
そこで、生にんにくを黒酢に漬け込んで発酵させる「黒酢にんにく」だと、ニオイも和らぎ生にんにくの効能もそのまま活かされることになるのです。

自家製「黒酢にんにく」の作り方

「黒酢にんにく」

「黒酢にんにく」はにんにくを黒酢に漬け込むだけで自家製で作ることができる。

黒酢”と“にんにく”のW効果で、さらに滋養強壮パワーがアップされた「黒酢にんにく」ですが、家庭でも簡単に作ることができます。

自家製「黒酢にんにく」の作り方

  1. 生のにんにくを1片づつ分けて皮をむく。
  2. 煮沸消毒したビンに、にんにくがひたるくらいに黒酢を入れる。
    ※にんにく1房(6片)で、黒酢200mlが目安。
  3. フタをして直射日光を避け涼しい場所に置いて、2週間から1ヶ月ほど熟成させる。
    ※数日に1度かき混ぜてガスの発生を抑える。
旬のにんにくが市場に出回る時期は6~8月です。夏はスタミナをつけるため、滋養強壮にいいとされる野菜が収穫される季節です。
最近は中国産のものが安く売られていますが、健康な体づくりのためには、やはり国産にんにくを使いたいですね。

にんにくに限らず、野菜や果物は育てられる土壌の条件によって、味も有効成分も変わってきます。研究結果などで同じ野菜を使っていも、結果の数値にバラつきが出るのはそのためでもあります。
自家製の「黒酢にんにく」作りに挑戦してみようと思っている人は、是非、旬の時期に新鮮なにんにくを手に入れてみて下さい。

効果的な「黒酢にんにく」の活用方法

黒酢にんにくの健康ドリンク

「黒酢にんにく」を水や炭酸水で割ると、そのまま“健康ドリンク”として活用できる。

黒酢にんにく」の効果を実感するには、毎日少しづつ継続して摂取することが大切です。

漬け込んだにんにくは、常備食としてそのまま食べることができます。漬け物代わりにご飯と一緒に食べたり、おつまみとしても合います。

にんにくの香りとうま味がしみ込んだ黒酢は、万能調味料として利用できます。炒め物や和え物、ドレッシングに少量入れるだけでうま味がアップして美味しく仕上がります。
また、水や炭酸水で割ると、そのまま“健康ドリンク”として飲むことができます。酸味が気になる場合には、ハチミツを入れると飲みやすくなるのでおすすめです。

しかし、中にはどうしても黒酢やにんにくの匂いが苦手だという人もいるでしょう。そんな場合には、匂いや味を気にせず手軽に摂れる「黒酢にんにくのサプリメント」もあります。
サプリメントは普段の食事で足りない栄養分を補給するのに役立つ栄養補助食品となるため、成分にもこだわって選びたいですね。

三黒の美酢

黒酢にんにくとしておすすめしたいのが、『三黒の美酢』という商品です。
『三黒の美酢』は、にんにくを熟成・発酵させて、更に有効成分が高まっている「完熟黒にんにく」に、「黒酢もろみ」と「有精卵黄油」が主成分のサプリメントです。

『三黒の美酢』をお勧めする理由には、厳選された素材へのこだわりにあります。
使用されている素材はすべて、農薬や化学合成添加物などの人の体に害をもたらすものは一切使用せずに作られています。

 
三黒の美酢

 

安価な商品は他にもありますが、添加物が多く含まれているものも多くあります。
健康な体づくりのためには、余分な添加物を含まず成分にもこだわった商品を選びたいですね。

『三黒の美酢』の効果や評判については、こちらの記事を参考にして下さい。

自家製の「黒酢にんにく」を作っておくと、いつでも手軽に“健康ドリンク”として飲んだり、普段の料理にも活用することができます。

健康食品は毎日続けて摂取することで、その効果を実感することができます。是非、疲労回復やダイエットにも効果的な「黒酢にんにく」を手作りしてみてはいかがでしょう?


サブコンテンツ

おすすめのDHA・EPAサプリメント

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク