黒酢の抗酸化力で血管が若返る!?その効果とは?


黒酢は健康食品として注目されて人気があります。そのため、最近ではスーパーなどでも手軽に手に入れることができます。
しかし、実際には黒酢にどのような効果があるのか知らないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、黒酢が持つ優れた効果についてご紹介したいと思います。

黒酢に含まれる効果的は成分とは?

黒酢

黒酢には「必須アミノ酸」やクエン酸、酢酸など豊富な栄養成分が含まれている。

穀物酢の一種である「黒酢」は、米や玄米を原料に大麦または小麦のみを加えて作られます。その割合についてはJAS規格によって定めれています。
また、使用する原料によって「米黒酢」と「大麦黒酢」に分けられます。

黒酢の特徴的な濃い色は、熟成と発酵によって琥珀色に変化するためです。色だけではなく味にも濃くがあり、他の食酢に比べてアミノ酸が豊富に含まれています。
黒酢が健康にいいと注目されだしたのも、このアミノ酸の含有量の多さにあるのです。

黒酢に含まれる成分で最も注目したいのが、「必須アミノ酸」の多さです。
必須アミノ酸は9種類あり、体内で合成することができないのですが、黒酢にはトリプトファン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの8種類が含有されています。

黒酢に含まれる「8種類の必須アミノ酸」

  • トリプトファン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • ヒスチジン
そのため、食事だけでは摂取するのが難しい「必須アミノ酸」と「アミノ酸」を、黒酢を摂るだけでバランスよく摂取することができるのです。

また、それだけではなく、黒酢には主成分であるクエン酸酢酸をはじめとして、ビタミンB群ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。
元々、酢にはクエン酸やアミノ酸が豊富ですが、長期間熟成発酵させて作られる黒酢には、それらの有効成分が増加しているため、効果もより期待できるのです。

では、これらの豊富な有効成分を含む黒酢を摂ることで、実際にどのような健康効果があるのか見てみましょう。

黒酢の“脂肪減少効果”で肥満を解消!

黒酢の脂肪燃焼効果

黒酢には、脂肪を燃焼させたり、脂肪の吸収を抑制する効果がある。

よく黒酢がダイエットに効果があると聞きますが、それは脂肪を燃焼させたり、脂肪の吸収を抑制する作用があるためです。

黒酢に含まれる必須アミノ酸を摂ることで新陳代謝が活発になり、脂肪を分解させる働きのある酵素「リパーゼ」が活性化されます。そのため、内臓脂肪の減少を促す作用も実証されています。

また、酢酸には脂質代謝糖代謝を促進する働きがあります。食後の血糖値の上昇を抑える働きもあるため、糖尿病の予防にも効果的です。

黒酢の肥満解消効果

  • 新陳代謝を活発にする
  • 脂肪を分解させる働きがある
  • 脂肪の吸収を抑制する
  • 内臓脂肪の減少を促す作用がある
  • 脂質代謝と糖代謝を促進する働きがある
  • 血糖値の上昇を抑える
このような作用により、黒酢を食生活に摂り入れることで、脂肪の吸収を抑制して肥満を解消する効果が期待できるのです。
更に、ウォーキングなどの有酸素運動も合わせて行うことで、より脂肪燃焼効果が期待できるでしょう。

黒酢は強力な抗酸化作用で血管の老化を防ぐ

一酸化窒素が血管に与える影響

黒酢の主成分である酢酸は、血液をサラサラにして血液循環をよくする働きがあります。そのため、血圧の上昇を抑えて高血圧を予防してくれます。
また、黒酢に含まれるアミノ酸の一種「アルギニン」には、一酸化窒素(NO)を生み出す作用があります。一酸化窒素(NO)は、血管の老化を防いで動脈硬化を予防する効果があるのです。

黒酢は長期熟成されることで特有の琥珀色に変化しますが、これは「メラノイジン」という物質が作り出されるためです。メラノイジンには強力な抗酸化作用があるため、血管内に血栓を作る原因となる「過酸化物質」の生成を防いでくれます。それによって、血流を促し改善してくれます。
また、黒酢に豊富に含まれるクエン酸には元々強い抗酸化作用があります。そのため、悪玉のLDLコレステロールの酸化を防いで、血管の老化を防ぐことでも動脈硬化を予防してくれるのです。

黒酢の強力な抗酸化作用と血管の老化予防効果

  • 「メラノイジン」
    血管内に血栓を作る原因となる「過酸化物質」の生成を防いで、血流を促し改善する。
  • 「クエン酸」
    悪玉のLDLコレステロールの酸化を防いで、血管の老化を防いで動脈硬化を予防。
  • 「アルギニン」
    一酸化窒素(NO)を生み出して、血管の老化を防いで動脈硬化を予防する。

黒酢で疲労回復効果も倍増!

運動の習慣

黒酢を使った料理は夏バテ予防やスタミナ料理としてよく利用されていますね。
それは、黒酢の主成分である酢酸に“疲労回復効果”があるからです。

酢酸は体内でクエン酸に変化され、クエン酸サイクルを発動します。それによって細胞を活性化させて、疲労物質である乳酸を分解してくれます。乳酸がたまることで疲労の蓄積となりますが、酢酸の効果によって血行も良くなり、疲労の回復が促進されるのです。特に黒酢は、短時間で血液の流れをスムーズにする作用があるため、他の酢に比べて疲労回復効果も早まることが期待できます。

黒酢を効果的に摂取するには?

黒酢の効果

黒酢の効果を実感するためには、毎日ドリンクなどで継続して摂り続けることが大切。

このように、黒酢には様々な健康効果のある栄養成分が含まれていますが、その効果を実感するためには、継続して摂り続けることが大切です。
黒酢はそのままだと刺激が強いため、ドレッシングや調味料として利用するといいでしょう。

日常的に摂るためには、黒酢入りドリンクとして活用するのもおすすめです。黒酢を水に混ぜハチミツを入れて混ぜるだけで簡単に作れます。お好みでレモンなどの柑橘類の絞り汁を入れるとより爽やかな味になります。
外出する時に携帯すると、夏の暑いときでも酢の酸味で飲みやすくなるので、夏バテ予防のドリンクとしてもおすすめです。

黒酢入りドリンクウォーターの作り方

  • 水(炭酸水) 2カップ
  • 黒酢 大さじ1
  • ハチミツ 適量

※お好みでレモンなど柑橘類の絞り汁を入れる。

中にはどうしても酢の酸味が苦手だという人もいるでしょう。そんな時は、酸味を気にせず手軽に摂れるサプリメントを利用する方法もあります。
特に仕事が忙しく食事が不規則になったり、外食が多くなりがちな場合には、いつでも手軽に摂れるサプリメントで、足りない栄養をサポートするようにするといいでしょう。

そこで、黒酢が入ったおすすめのサプリメントが『三黒の美酢(さんごくのみず)』です。

『三黒の美酢』は、厳選された九州伝承の素材で作られ、「完熟黒にんにく」「黒酢もろみ」「有精卵黄油」を主成分に、「DHA・EPA」が配合されています。
黒酢でもわずかの量しかとれない希少な「黒酢もろみ」が入っています。また、にんにくを熟成発酵した黒にんにくの成分も含まれているので、抗酸化力は倍増しています。

そのため、血液サラサラ効果が高く、血管を若返らせる成分が豊富に含まれたサプリメントになっているのです。

また、『三黒の美酢』の大きな特徴が、生産者や製造工程にまで厳選した素材へのこだわりです。使用されている素材はすべて、農薬や化学合成添加物などの人の体に害をもたらすものは一切使用せずに作られている点も、健康に気遣う人におすすめできる理由です。

三黒の美酢

『三黒の美酢』の気になる評判については、こちらの記事で紹介していますので参考にして下さい。

このように、黒酢には様々な健康効果のある栄養成分が豊富に含まれています。
そして、毎日の食生活に継続して摂り入れることで、きっとその効果を実感することができるはずです。

生活習慣病の予防や、血管の老化が気になる方は是非、黒酢効果を摂りいれてみてはいかがでしょう?


サブコンテンツ

数値が気になる方に!おすすめのサプリランキング

ranking01
ranking02
ranking03

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血管の老化は、動脈硬化を引き起こす大きな要因となります。 また、血圧が高くなる原因には、血液の汚れに・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク