高血圧の種類 – 原因が特定できる「二次性高血圧症」とは?


高血圧は、発症原因によって2種類に分類されます。それは、原因が特定しにくい「本態性高血圧症」と、原因が特定できる「二次性高血圧症」です。
高血圧と診断されている日本人の約90%の人は、本態性高血圧症になります。
では、残りの約10%を占める二次性高血圧症とは、どんな原因で高血圧となっているのでしょう?

二次性高血圧症の原因と発症理由とは?

本態性高血圧症の場合は、原因が特定できないため、即効的な治療が難しいとされています。
しかし、二次性高血圧症は、特定の病気などが原因で起こる高血圧症です。そのため、その原因を改善することで、高血圧も改善されるのです。

二次性高血圧症となる原因には、血圧を上げている他の病気や、薬の副作用があります。
他の病気が原因の場合、その多くが腎機能の障害によるものです。その次に内分泌性の病気があります。

また、近年増えているのが、他の薬による副作用で高血圧を発症しているものです。
肝障害の治療に使われる薬、グリチルリチン酸には、腎臓でのナトリウムと水分の排泄障害や、降圧ホルモンの産生低下や、昇圧反応性の増加などを起こす作用があります。そのため、薬の服用によって血圧が上昇するのです。

この他にも、消炎鎮痛薬エストロゲン製剤ステロイドホルモンなど、血圧を上げる作用の薬があります。また、漢方薬として使われている甘草にも、血圧を上昇させる作用があります。

二次性高血圧症の原因と発症理由

  • 腎性高血圧症
    腎機能の障害によって、ナトリウムや水分の排泄に異常が起こり、循環血液量が増える。
    また、腎臓で産生されている昇圧ホルモンが増え、逆に降圧ホルモンが減る。
  • 内分泌性高血圧症
    内分泌機能の障害により、昇圧ホルモンの産生が過剰となり、降圧ホルモンの産生が低下する。
  • 血管異常による高血圧症
    大動脈縮窄症では、生まれつき大動脈の一部が細いために血圧が上がる。
    腎血管性高血圧症は、腎臓の動脈内腔が狭くなり、血行障害が起こる。
    高安病は、大動脈やそこから分かれる太い動脈に炎症が起こる病気で、循環障害を起こす。
  • 脳・神経系による高血圧症
    脳がつかさどる神経機能に異常が起こり、内分泌性高血圧症と同様に、血圧が上がる。
  • 薬物性高血圧症
    肝障害の治療に使われるグリチルリチン酸や、消炎鎮痛薬、エストロゲン製剤、ステロイドホルモン、漢方薬の甘草など、血圧を上がる作用のある薬を併用していることが原因。

二次性高血圧症で多い腎臓の病気とその治療

二次性高血圧症は高血圧全体のおよそ1割ですが、35歳以下の人が発症する高血圧では、4人に1人が二次性高血圧症となります。
二次性高血圧の中でも最も多いのが、腎機能の障害による病気です。中でも、腎性高血圧腎血管性高血圧の割合が多くなります。

二次性高血圧症となる腎臓の病気

  • 腎性高血圧
    腎炎(糸球体腎炎)、急性腎炎、慢性腎炎、腎盂(じんう)腎炎、糖尿病性腎症など
  • 腎血管性高血圧
    腎臓の動脈硬化、線維筋性異形成、大動脈炎症候群、血栓症など
糸球体腎炎などは、高血圧をともなわないこともあります。また、初期の頃では血圧が高くならず、病気が進行するにしたがって血圧が上がっていきます。

腎性高血圧の治療には、減塩食や利尿薬が使われます。
また、腎血管性高血圧と診断された場合には、経皮経管的腎血管形成術(PTRA)などの治療が行われます。

二次性高血圧が疑われる場合の検査は?

高血圧を疑われる際には、まずスクリーニング検査で血圧の程度や原因、合併症などを診断します。
その結果、特定の病気が原因で高血圧となっている場合、二次性高血圧が疑われます。その際に行われる検査では、血液中や尿中のホルモン量を調べて、原因の病気を特定します。

二次性高血圧を疑う時のホルモン検査

  • アルドステロン値
  • レニン値
  • コルチゾール値
  • カテコラミン値
また、二次性高血圧が疑われる時には、各種検査装置を用いた内蔵の検査も行われます。

二次性高血圧を疑う時の画像検査

  • CT検査
  • 超音波検査(エコー)
  • MRI検査
  • 静脈性腎盂造影
  • 血管造影
二次性高血圧の7割以上が腎臓障害が原因のため、腎臓についてはより詳細な検査が必要となるため、静脈性腎盂造影血管造影が行われます。
血管造影では、腎動脈の狭窄(きょうさく)、副腎皮質の過形成や腫瘍などを調べます。

二次性高血圧となっている原因の病気が判明したら、その治療を行うことで高血圧も改善されます。
病気の進行とともに高血圧も悪化することになるため、早期発見・早期治療が重要となります。
血圧を上げている原因を正しく理解して、早い段階で治療していくことが大切なのです。


サブコンテンツ

数値が気になる方に!おすすめのサプリランキング

ranking01
ranking02
ranking03

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血管の老化は、動脈硬化を引き起こす大きな要因となります。 また、血圧が高くなる原因には、血液の汚れに・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク