産後の高血圧を治すには?授乳中でも安心のおすすめのサプリ


出産後の高血圧

女性は更年期以降と出産後に高血圧になりやすい

女性と男性では高血圧になりやすい時期が異なります。女性は更年期以降と、出産後に血圧が高くなりやすい傾向があります。

更年期の高血圧は女性ホルモンの減少が大きな原因です。
では、出産後に高血圧になるのはどうしてでしょう?また、出産後に高血圧になった場合、どのようなことに気をつけたらいいのか見てみましょう。

産後に血圧が高くなる原因は?

女性は妊娠中と出産後に高血圧になりやすい傾向があります。妊娠中に血圧が高くなる「妊娠中高血圧」は、出産後には自然と治ることが多いものです。

しかし、出産後12週間経っても高血圧が治らない場合があります。これは「産後高血圧」と呼ばれれ、妊娠中には正常な血圧値だった人でも、出産後に高血圧になるケースがあるのです。

「産後高血圧」になる原因にはいくつか考えられます。一つは、妊娠中高血圧の症状が重かった場合に、その回復が長引くケースです。通常でしたら妊娠中高血圧の場合、出産後には自然と回復していきます。しかし、重症な妊娠中高血圧だった場合には、回復が遅れてしばらく高血圧の症状が続くことがあります。

他には、妊娠中には高血圧になっていなかった人でも、出産後の生活で血圧が高くなるケースです。
馴れない育児での過労やストレスが重なり、血圧が高くなってしまいます。育児中は睡眠不足になりやすいので、その影響もあり自律神経の乱れから高血圧となる場合があります。

この他のケースでは、一般的な高血圧の原因と同じように、生活習慣の乱れから起こるものです。
元々、高血圧の要因がある人が、出産を機に高血圧となるケースです。
食生活の乱れや不規則な睡眠、運動不足、過労やストレスが蓄積されて高血圧を発症してしまいます。

これらの原因の他には、「二次性高血圧症」も考えられます。腎臓の疾患や、副腎のホルモン分泌の異常、甲状腺機能異常、高カルシウム血症などの他の病気が原因で高血圧となる症状です。

産後に高血圧になる原因

  • 妊娠中高血圧の回復が長引く場合
  • 育児での過労やストレスが原因
  • 生活習慣に乱れが原因
  • 他の病気が原因の「二次性高血圧症」

産後の高血圧を改善するには?

産後の高血圧の原因

産後の高血圧は、過労やストレス、食生活の乱れなど生活習慣が原因になる

二次性高血圧症の場合には、原因となる病気を治療することが優先されます。しかし、それ以外の場合には、血圧が高くなる原因を改善することです。

血圧が高くなる原因は主に生活習慣にあります。高血圧となっている今の生活を振り返ってみて、思い当たる習慣があれば、それを改善することが先決となるのです。

高血圧となる生活習慣

  • 過労やストレスの蓄積
  • 栄養の偏った食生活(塩分、脂質、糖質の摂り過ぎ)
  • 運動不足
  • 睡眠不足

産後の高血圧を改善する食事方法

産後高血圧の原因は食生活の乱れ

産後高血圧の発症に最も影響してくるのが食生活の乱れ

産後高血圧を発症する生活習慣で、最も影響してくるのが食生活の変化です。

産後に高血圧になった人の食生活では、出産前と後で食事内容が大きく変わった人も多いはずです。
特に出産後は、馴れない育児や家事に追われて、食事の準備や買い物などにかける時間が少なくなりがちです。

そのため、手軽で簡単に食べれるコンビニのお惣菜やインスタント食品が多くなる場合があります。
また、育児の過労やストレスから、普段ならあまり口にしない甘い物やスナック菓子を多く食べるようになる人もいるでしょう。スナック菓子には思っている以上に塩分が多く含まれています。また、塩分同様に砂糖の摂り過ぎも、血圧を高くする大きな要因になります。

更に、コンビ二のお弁当やインスタント食品などには、摂ることを避けたい「悪い油」が多く使われています。これは人工的に作られた油“トランス脂肪酸”です。マーガリンやサラダ油や、大量生産される加工品などに多く用いられています。
このような「悪い油」を多く摂ることで、高血圧が悪化して動脈硬化を進行させることにもなるのです。

摂るのを控えたい油については、こちらの記事で詳しく説明していますので参考にして下さい。

高血圧となる食生活

  • コンビニ弁当やインスタント食品を多く食べる
  • スナック菓子や甘い物を多く摂る
  • 塩分・糖分・脂質の摂り過ぎ
  • 高カロリーの食事
これらの食事は血圧を高くしてしまう要因となります。高血圧を治すためには、血圧を下げる内容の食事に改善していく必要があるのです。

では、血圧を下げるためには、どのような食事が効果があるのでしょう?

血圧を下げる効果のある食事とは?

血圧を下げるのに効果的な食事は、ある一定の栄養素だけを多く摂るのではなく、トータル的にバランスのいい食事を心がけることが大切です。
中でも、良質なタンパク質食物繊維を積極的に取り入れるようにすることで、コレステロール中性脂肪を減らして血液をサラサラにする効果が期待できます。

また、ミネラルビタミンも血圧を下げるために欠かせない栄養素です。野菜や果物も十分に摂るように心がけることです。
そして、塩分糖質動物性脂質を摂り過ぎないようにして、高カロリーにならないよう気をつける必要があります。

高血圧を改善する食事療法のポイントを、こちらの記事でも紹介していますので参考にして下さい。

授乳中でも安心して飲める高血圧に効果的なサプリは?

産後は育児に追われて食事の用意に時間をかけることができないことも多いと思います。
そんな時は、食事で足りない栄養分を補うために栄養補助食品として“サプリメント”を活用するのも一つの方法です。

ただ、産後で授乳中の方が気になるのがサプリメントに含まれる成分です。サプリは様々な種類があります。主成分以外に添加物が多く含まれているものもあるため、注意して選びたいですね。

産後の授乳中でも安心の素材にこだわった「黒にんにくサプリ」

三黒の美酢

そこで、産後で授乳中のお母さんでも安心して飲めるサプリメントをご紹介したいと思います。

それは、安心・安全な素材にこだわった黒にんにくサプリ『三黒の美酢(さんごくのみず)』です。
『三黒の美酢』は、九州伝承の厳選された素材だけを贅沢に使用したサプリメントです。
黒にんにく”“黒酢もろみ”“黒卵黄油”に“DHA・EPA”が配合された、ビタミンやアミノ酸を豊富に含んだサプリメントになります。

主成分の“黒にんにく”と“黒酢もろみ”は、どちらも血液をサラサラにして血流を促し、高血圧の改善に効果的です。
特に黒にんにくは、熟成・発酵させることでニンニクの持つ有効成分が強化された発酵食品でもあります。そのため、体の不調に役立つ様々な効果が期待できるのです。
中でも、老化した血管を若返らせる効果に優れているため、高血圧の予防と改善にも効果的です。

三黒の美酢

黒にんにくの優れた効果については、こちらの記事をご覧下さい。

黒酢にんにくや黒にんにくのサプリは他にもありますが、『三黒の美酢』のこだわりは素材を徹底的に厳選しているということです。
使用している素材はすべて、農薬や化学合成添加物などの人の体に害をもたらすものは一切使用しないで作られています

そのため、購入の際に同封されているパンフレットにも、「妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫」だということが記載されています。ですので、授乳中の方にも安心しておすすめすることができます。

『三黒の美酢』に含まれる成分の効果

黒酢もろみ

  • 血液サラサラ、血行促進、ダイエット

黒にんにく

  • 生活習慣によるダメージの改善
  • 毎日の活力

黒卵黄油

  • アンチエイジング
  • 心おだやかな毎日
  • 健やかな成長

DHA・EPA

  • 美容サポート
  • 血液サラサラ
『三黒の美酢』の詳しい商品内容については、こちらをご覧下さい。

ただし、いくら優れた成分が入っていても、サプリメントはあくまでも栄養補助食品です。
なるべく毎日の食事の中で必要な栄養分を摂取するようにして、足りないものをサプリで補助するようにするといいでしょう。

また、このようなサプリメントは、忙しい中でも手軽にいつでも摂ることができます。
体調の優れない時などに、成分に優れたサプリをうまく利用して、ストレスを軽減することも大切です。
産後は何かと忙しい生活になります。無理のない方法で、健やかな生活を送れるよう心がけてみて下さい。

三黒の美酢


サブコンテンツ

数値が気になる方に!おすすめのサプリランキング

ranking01
ranking02
ranking03

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血管の老化は、動脈硬化を引き起こす大きな要因となります。 また、血圧が高くなる原因には、血液の汚れに・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク