出産後の高血圧は、早目の予防が大事


出産後の高血圧

女性は妊娠中と出産後に血圧が高くなる傾向がある。

女性特有の高血圧の症状として、妊娠中と出産後に血圧が高くなる傾向があります。

出産後の高血圧は悪化すると薬物治療が必要となり、母乳に影響のある場合も出てきます。そのため、早目に予防することが大切です。

では、出産後に血圧が高くなった場合、どうしたら改善することができるのでしょう?

出産後に高血圧になるタイプとは?

出産後に血圧が高くなる原因には、大きく分けて2つのタイプがあります。

一つは、妊娠中に高血圧になる「妊娠中高血圧」の回復が遅れる場合です。
妊娠中高血圧は、出産すると自然と回復して治るものです。しかし、症状が重かった場合に、産後もなかなか血圧が下がらず、しばらく血圧が高い状態が続くことがあるのです。

もう一つのタイプは、妊娠中は正常な血圧値だったのに、出産を期に高血圧になる場合です。

こちらのタイプの原因は、主に産後の過労やストレスが考えられます。出産後は、馴れない育児での過労やストレスが多くなりがちです。過労やストレスは自律神経が乱れるため、血圧が高くなる原因になるのです。

また、元々高血圧の要因があった人が、出産を機に発症するケースもあります。この場合は、一般的な高血圧と同じように、食生活の乱れやストレス、運動不足や肥満などの生活習慣が原因となります。

このような、出産後の高血圧の症状を「産後高血圧」と呼びます。

産後高血圧になる主な原因

  • 「妊娠中高血圧」の回復が遅れる場合
    妊娠中高血圧は一般的に出産すると自然と回復して治るものですが、症状が重かった場合、産後もしばらく血圧が高い状態が続くことがある。
  • 出産を期に高血圧になる場合
    産後の過労やストレスが原因になったり、元々高血圧の要因があった人が、出産を機に発症するケースがある。

出産後の高血圧、悪化するとこんな危険性が?!

薬物治療の母乳への影響

薬物治療を開始すると、母乳に影響があるため断乳しないといけなくなる。

では、出産後も血圧が高い状態が続くと、いったいどうなるのでしょう?

高血圧は、悪化すると深刻な合併症を引き起こす可能性もあります。それだけではなく、動脈硬化が進行して、脳梗塞心筋梗塞などの重大な病を発症するリスクも高まるのです。
また、重度の高血圧になると、薬物治療が必要となります。降圧薬は母乳に影響があるため、断乳しなければいけません。母乳で赤ちゃんを育てたいお母さんにとっては、辛いことですよね。

そうならないためにも、一ヶ月健診などで血圧が高くなっていたら、早めに予防することが大切になるのです。

出産後の高血圧を改善するためには?

呼吸法

呼吸は自律神経と深く関係しているため、意識して行うことで不安や緊張を解きほぐす効果がある。

出産後のお母さんは、馴れない育児や家事に追われて、過労やストレスが多くなりがちです。
ストレスは血圧を上げる原因になるため、なるべく上手に解消する方法を見つけなくてはいけません。

不安やストレスを感じた時に、すぐできて短時間でリラックス効果をもたらしてくれるのが「呼吸法」です。
呼吸は、「吸って、吐く」これだけのことですが、自律神経と深く関係しているため、意識して行うことで、不安や緊張を解きほぐしてくれる効果があるのです。

不安やストレスを感じた時におすすめの「呼吸法」については、こちらをご覧下さい。

また、産後は睡眠不足や運動不足になったり、食生活も不規則になることがあります。
食生活の乱れは、直接血圧に影響してきます。脂質や糖質の多い食事や、野菜不足などで栄養が偏った食事を続けていると、血圧が上がる原因になります。
なるべくコレステロールが増えないよう血液をサラサラにして、血圧を下げる効果のある食事を心がけるようにしましょう。

高血圧の予防や改善に効果的な食事については、こちらの記事を参考にして下さい。

授乳中でも安心の高血圧を予防するサプリメント

三黒の美酢

馴れない育児で忙しい毎日を送っていると、自分の食事にまで気が回らないということもあるでしょう。
そんな時には、無理をせず手軽に取れる栄養補助食品としてサプリメントを利用するのもお勧めです。サプリメントは薬と違い副作用の心配がありません。

特に、産後などに血圧が高くなった人におすすめなのが、「黒にんにくのサプリメント」です。
黒にんにくは、生にんにくを一定の条件の元、熟成・発酵させて作る発酵食品です。そのため、にんにくが持っている有効成分が飛躍的に増えて、免疫力や抗酸化作用が高まり、その効能が近年特に注目されています。
コレステロールの減少や血液サラサラ効果も増しているので、高血圧の予防や改善にも効果が期待できます。

黒にんにくの効能については、こちらの記事を参考にして下さい。

ただし、産後で授乳中の場合には、サプリメントの成分にも十分注意して選びたいですね。
サプリメントの中には、主成分よりも添加物が多く含まれている物もあります。
授乳中のお母さんが摂る物は、直接母乳にも影響してきます。そのため、なるべく体へ害のあるものは避け、安心できる物を選びたいです。

そこで、授乳中のお母さんにもおすすめの高血圧の改善に効果的なサプリメントが、『三黒の美酢(さんごくのみず)』です。

『三黒の美酢』は、九州伝承の厳選された素材だけを贅沢に使用し、安心・安全な素材にこだわったサプリメントです。主成分の「黒にんにく」「黒酢もろみ」「黒卵黄油」に「DHA・EPA」が配合されています。

『三黒の美酢』の特徴は、“素材への徹底したこだわり”にあります。
主成分である黒にんにくや黒酢もろみ、黒卵黄油も含め、使用している素材はすべて、農薬や化学合成添加物などの人の体に害をもたらすものは一切使用しないで作られています

そのため、購入の際に同封されているパンフレットにも、「妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫」だということがはっきりと記載されているのです。これなら授乳中の方も安心して試すことができますね。
三黒の美酢

普段の食事では栄養が偏るといった時など、このようなサプリメントでサポートするようにするといいでしょう。

一人で悩まず、コミュニケーションすることも必要

産後コミュニティ

産後コミュニティなどに積極的に参加することで、不安を解消できることも。

このような、産後に同じような悩みを抱えているお母さんも多くいます。そんな時は一人で悩まずに、なるべく周りの人に相談することで、気持ちの負担も軽くなるはずです。
もし、周りに気軽に相談できる相手がいない場合などは、地域のコミュニティに参加してみるのもおすすめです。
出産後は同じような状況になる女性も多いため、地域で出産後の女性を対象とした集まりやコミュニティを開いている場合が多いのです。

特に、出産後のダイエットを目的とした、ストレッチや体操などのコミュニティは多くあります。このような会に参加することで、同じ立場の知り合いや友人ができたり、悩みを打ち明けられる機会もできます。

育児は大変な仕事です。特に、初産だと始めて経験することばかりで、不安な気持ちになります。
一人で悩まずに、周りの人に相談したり、このような 産後コミュニティを見つけて、積極的に参加してみるといいでしょう。

産後の高血圧は、悪化する前に早めに予防することが大切です。
先ずは今の生活を振り返ってみて、血圧が高くなっている原因を見つけて下さい。
自分で解決できない時は、周りの人に協力を求めることも必要です。赤ちゃんが健康に育つためにも、お母さんの健康はとても大事です。是非、自分でできる解消方法を見つけてみて下さい。


サブコンテンツ

スポンサーリンク

血圧を改善する!おすすめの記事

お酢

毎日食べたい「血管に良い食べ物」とは?

Tweet血圧が高くなる原因には、血液の汚れによって血管が傷つき老化することが大きく影響しています。血管の老化・・・

コメントなし
byouin

白衣高血圧を克服する方法は?

Tweet家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院では血圧が高くなってしまうという人がいます。これは、医師や看護・・・

コメントなし

血圧を短時間で下げる「3つの呼吸法」とは?

Tweet病院などで血圧を測定すると、家庭よりも血圧が高くなる人もいます。それは、緊張によって血圧が上がるため・・・

コメントなし

スポンサーリンク